写真・図版 | がん免疫療法が効くのはどんな患者? 治療効果を予測する方法を医師が解説〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

がん免疫療法が効くのはどんな患者? 治療効果を予測する方法を医師が解説 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司dot.#ヘルス

大塚篤司/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

大塚篤司/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい