1億円超の作品をズタズタに…「バンクシー」とは何者なのか?

  • 「少女と風船」あらため「愛はごみ箱の中に」2018年 ロンドン、サザビーズで撮影/「少女と風船」の初出は2002年のロンドンと言われるが、その後清掃されて消滅。繰り返し登場し、おなじみのモチーフに(写真:gettyimages)

    「少女と風船」あらため「愛はごみ箱の中に」2018年 ロンドン、サザビーズで撮影/「少女と風船」の初出は2002年のロンドンと言われるが、その後清掃されて消滅。繰り返し登場し、おなじみのモチーフに(写真:gettyimages)

  • 「分離壁に描かれた少女と風船」2006年撮影/イスラエルとパレスチナを隔てる分離壁に描かれた、風船で壁を飛び越えようとする少女 (c)朝日新聞社

    「分離壁に描かれた少女と風船」2006年撮影/イスラエルとパレスチナを隔てる分離壁に描かれた、風船で壁を飛び越えようとする少女 (c)朝日新聞社

  • 「ガザの子猫」2015年 パレスチナ自治区ガザ地区で撮影/破壊された街に目を向けてほしいとの思いから、くず鉄のボールにじゃれつく子猫を描いた。かわいい(写真:gettyimages)

    「ガザの子猫」2015年 パレスチナ自治区ガザ地区で撮影/破壊された街に目を向けてほしいとの思いから、くず鉄のボールにじゃれつく子猫を描いた。かわいい(写真:gettyimages)

  • 「シリア移民の息子」2015年 カレー(フランス)の難民キャンプで撮影/難民を巡る厳しい世論に、米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏がシリア移民の子である事実をぶつけた。隣に写るのは、制作の場に居合わせた男性 (c)朝日新聞社

    「シリア移民の息子」2015年 カレー(フランス)の難民キャンプで撮影/難民を巡る厳しい世論に、米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏がシリア移民の子である事実をぶつけた。隣に写るのは、制作の場に居合わせた男性 (c)朝日新聞社

  • 「欧州旗を壊す人」 2017年/ドーバー(英国)/移民が到着するドーバーに描かれた欧州旗。英国のEU離脱を批判して、星のひとつを作業員が壊しているところが描かれている(写真:gettyimages)

    「欧州旗を壊す人」 2017年/ドーバー(英国)/移民が到着するドーバーに描かれた欧州旗。英国のEU離脱を批判して、星のひとつを作業員が壊しているところが描かれている(写真:gettyimages)

「少女と風船」あらため「愛はごみ箱の中に」2018年 ロンドン、サザビーズで撮影/「少女と風船」の初出は2002年のロンドンと言われるが、その後清掃されて消滅。繰り返し登場し、おなじみのモチーフに(写真:gettyimages)
「分離壁に描かれた少女と風船」2006年撮影/イスラエルとパレスチナを隔てる分離壁に描かれた、風船で壁を飛び越えようとする少女 (c)朝日新聞社
「ガザの子猫」2015年 パレスチナ自治区ガザ地区で撮影/破壊された街に目を向けてほしいとの思いから、くず鉄のボールにじゃれつく子猫を描いた。かわいい(写真:gettyimages)
「シリア移民の息子」2015年 カレー(フランス)の難民キャンプで撮影/難民を巡る厳しい世論に、米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏がシリア移民の子である事実をぶつけた。隣に写るのは、制作の場に居合わせた男性 (c)朝日新聞社
「欧州旗を壊す人」 2017年/ドーバー(英国)/移民が到着するドーバーに描かれた欧州旗。英国のEU離脱を批判して、星のひとつを作業員が壊しているところが描かれている(写真:gettyimages)
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す