写真・図版 | Zeebra、肉をやめて気づいた「ニンニクへの郷愁」〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

Zeebra、肉をやめて気づいた「ニンニクへの郷愁」 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra

ニンニク/エジプトでは紀元前から栽培されていたとされる。日本でも古くから薬用植物として利用され、戦後は香辛野菜として広く食べられるようになった。香りの元はアリシンという成分で、殺菌作用をもつ。また、ビタミンB1と結びつきやすく吸収を助けるため、疲労回復効果が期待できる(撮影/写真部・松永卓也)

ニンニク/エジプトでは紀元前から栽培されていたとされる。日本でも古くから薬用植物として利用され、戦後は香辛野菜として広く食べられるようになった。香りの元はアリシンという成分で、殺菌作用をもつ。また、ビタミンB1と結びつきやすく吸収を助けるため、疲労回復効果が期待できる(撮影/写真部・松永卓也)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい