がんを罹患しても避けたい「引きこもり」 建築家・安藤忠雄さんに元気づけられる理由

治さないのに、元気です! すい臓がんステージIV 石先生

  • 石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など

    石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など

  • 一橋大学独自のゼミナール制度のもと、石ゼミの教え子たちと志賀高原でスキーを楽しむ。がん発覚の3カ月前、2016年3月に撮影

    一橋大学独自のゼミナール制度のもと、石ゼミの教え子たちと志賀高原でスキーを楽しむ。がん発覚の3カ月前、2016年3月に撮影

石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など
一橋大学独自のゼミナール制度のもと、石ゼミの教え子たちと志賀高原でスキーを楽しむ。がん発覚の3カ月前、2016年3月に撮影

あわせて読みたい

  • 5年生存率1.4%、残された手段は抗がん剤治療のみ… それでも「がんと共存」する
    筆者の顔写真

    石弘光

    5年生存率1.4%、残された手段は抗がん剤治療のみ… それでも「がんと共存」する

    週刊朝日

    6/26

    すい臓がんと戦い続けた石弘光さん「死にいたる病気を選択できるなら、がんも悪くない」
    筆者の顔写真

    石弘光

    すい臓がんと戦い続けた石弘光さん「死にいたる病気を選択できるなら、がんも悪くない」

    週刊朝日

    9/4

  • 末期がん患者が言い切る「最も嫌なのは同情と労い」 捨てられない生への執着
    筆者の顔写真

    石弘光

    末期がん患者が言い切る「最も嫌なのは同情と労い」 捨てられない生への執着

    週刊朝日

    7/24

    生前葬をした末期がんの友人 限界まで抗がん剤治療する末期がんの私
    筆者の顔写真

    石弘光

    生前葬をした末期がんの友人 限界まで抗がん剤治療する末期がんの私

    週刊朝日

    7/10

  • 「体重が一夜で2キロ落ちることも」 がんと闘うために毎日実践したこととは?
    筆者の顔写真

    石弘光

    「体重が一夜で2キロ落ちることも」 がんと闘うために毎日実践したこととは?

    週刊朝日

    7/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す