写真・図版 | 「ゆとり世代」早熟アスリートが大ブレイク 背景にあのレジェンド選手〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ゆとり世代」早熟アスリートが大ブレイク 背景にあのレジェンド選手 

このエントリーをはてなブックマークに追加
作田裕史AERA

【体操】白井健三(21、左):男子史上最年少の17歳1カ月で世界選手権金メダル獲得。床運動で初めて「後方伸身宙返り4回ひねり」を成功させたことでギネス認定された/【野球】清宮幸太郎(18、中央):プロデビューから7試合連続安打で高卒新人新記録。高校では歴代最多の通算111本塁打/【格闘技】那須川天心(19、右)/小学5年で極真空手ジュニア世界大会で優勝。プロでは16歳で二つの王座、17歳でISKA世界王座を獲得。プロ戦績は25戦25勝 (c)朝日新聞社

【体操】白井健三(21、左):男子史上最年少の17歳1カ月で世界選手権金メダル獲得。床運動で初めて「後方伸身宙返り4回ひねり」を成功させたことでギネス認定された/【野球】清宮幸太郎(18、中央):プロデビューから7試合連続安打で高卒新人新記録。高校では歴代最多の通算111本塁打/【格闘技】那須川天心(19、右)/小学5年で極真空手ジュニア世界大会で優勝。プロでは16歳で二つの王座、17歳でISKA世界王座を獲得。プロ戦績は25戦25勝 (c)朝日新聞社

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい