写真・図版 | 松崎しげる「この店なくして僕の人生は語れない」 その餃子店とは?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松崎しげる「この店なくして僕の人生は語れない」 その餃子店とは? 2/2

今中るみこ週刊朝日#グルメ#人生の晩餐

ぎょうざ昭和39年創業の老舗餃子店。先代主人が福島出身ゆえ、この店名がついた。カウンター前の鉄板で香ばしく焼かれる餃子はキャベツ、タマネギ、白菜、ニラなど野菜がたっぷり。2皿頼むと、2枚重ねの皿の上に10個のせて供される。女性は30分で50個、男性は60分で100個平らげれば無料に(要予約)。ぎょうざ5個420円。もやし炒め420円。ぎょうざは持ち帰りも可能。税込み(撮影/倉田貴志)

ぎょうざ
昭和39年創業の老舗餃子店。先代主人が福島出身ゆえ、この店名がついた。カウンター前の鉄板で香ばしく焼かれる餃子はキャベツ、タマネギ、白菜、ニラなど野菜がたっぷり。2皿頼むと、2枚重ねの皿の上に10個のせて供される。女性は30分で50個、男性は60分で100個平らげれば無料に(要予約)。ぎょうざ5個420円。もやし炒め420円。ぎょうざは持ち帰りも可能。税込み(撮影/倉田貴志)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい