写真・図版 | 「政治家が命をかけてない時代」石破茂が語る北朝鮮と総裁選〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「政治家が命をかけてない時代」石破茂が語る北朝鮮と総裁選 

このエントリーをはてなブックマークに追加
直木詩帆週刊朝日

石破茂(いしば・しげる)/1957年、鳥取県出身。79年に慶応義塾大学法学部卒業後、旧三井銀行に入行。鳥取県知事などを務めた父の死後、田中角栄元総理に後を継げと言われたことがきっかけで退社。86年の衆院議員選挙に自民党から出馬し、当時最年少の29歳で初当選。93年に離党し、新生党、新進党を経て97年に復党。防衛大臣、農林水産大臣、初代地方創生・国家戦略特別区域担当大臣などを歴任、自民党政調会長、幹事長も務めた。水月会(石破派)会長。(撮影/写真部・大野洋介)

石破茂(いしば・しげる)/1957年、鳥取県出身。79年に慶応義塾大学法学部卒業後、旧三井銀行に入行。鳥取県知事などを務めた父の死後、田中角栄元総理に後を継げと言われたことがきっかけで退社。86年の衆院議員選挙に自民党から出馬し、当時最年少の29歳で初当選。93年に離党し、新生党、新進党を経て97年に復党。防衛大臣、農林水産大臣、初代地方創生・国家戦略特別区域担当大臣などを歴任、自民党政調会長、幹事長も務めた。水月会(石破派)会長。(撮影/写真部・大野洋介)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい