写真・図版 | あのブラタモリがきっかけ? 古地図で楽しむ日本再発見〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あのブラタモリがきっかけ? 古地図で楽しむ日本再発見 1/4

野村昌二AERA#歴史

銅刻 日本六十六州図オランダ・ユトレヒトの東洋学者、ハドリアン・レランド(1676~1718)が描いた日本地図。城下町が描かれ、交易窓口の長崎の地図もある。1720年ごろの作(写真:国土地理院提供<www.gsi.go.jp>)

銅刻 日本六十六州図
オランダ・ユトレヒトの東洋学者、ハドリアン・レランド(1676~1718)が描いた日本地図。城下町が描かれ、交易窓口の長崎の地図もある。1720年ごろの作(写真:国土地理院提供<www.gsi.go.jp>)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい