写真・図版 | 没後20年 写真家・星野道夫が紡いだ生命の「物語」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

没後20年 写真家・星野道夫が紡いだ生命の「物語」 2/2

週刊朝日

星野道夫Michio Hoshino/1952年、千葉県生まれ。高校在学中の69年、約2カ月間アメリカを一人で旅する。慶応義塾大学在学中の73年、アラスカでイヌイットの家族と一夏を過ごす。78年にアラスカ大学に入学。在学中から写真を始め、「週刊朝日」に連載した作品群「Alaska 風のような物語」で90年に木村伊兵衛写真賞受賞。96年、カムチャツカ半島でテレビ番組取材中にヒグマに襲われ急逝(写真提供/星野道夫事務所)

星野道夫
Michio Hoshino/1952年、千葉県生まれ。高校在学中の69年、約2カ月間アメリカを一人で旅する。慶応義塾大学在学中の73年、アラスカでイヌイットの家族と一夏を過ごす。78年にアラスカ大学に入学。在学中から写真を始め、「週刊朝日」に連載した作品群「Alaska 風のような物語」で90年に木村伊兵衛写真賞受賞。96年、カムチャツカ半島でテレビ番組取材中にヒグマに襲われ急逝(写真提供/星野道夫事務所)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい