美しい草原が広がる中国内モンゴル自治区の風景と人々の暮らし

 世界歴史上、最大の帝国であったモンゴル帝国、元。その首都は現在の中国内モンゴル自治区にありました。モンゴル民族は遊牧を営み、家畜とともに移動しながら暮らしてきました。そんな自然とともの生きる人々の伝統的な生活を追い続ける写真家・アラタンホヤガさんの作品を紹介します。

【関連記事】
中国で消えゆくモンゴル民族の遊牧文化を記録する写真家・アラタンホヤガ

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す