観光化した祭りのパフォーマンスとは違う地域に根ざした来訪神の姿

 仮面をつけ、仮装した者が正月や盆に集落や家々を訪れる来訪神行事。主に東北や九州、南西諸島で行われ、これまでに写真家・石川直樹さんは、スネカ(岩手県大船渡市)、トシドン(鹿児島県・下甑<しもこしき>島)、ナマハゲ(秋田県・男鹿半島)、パーントゥ(沖縄県・宮古島)、ボゼなど20あまりの来訪神行事を撮影してきました。そんな石川さんの作品を紹介します。

【関連記事】
仮面をかぶる異形の神が現れる「奇祭」を追い続ける写真家・石川直樹の冒険

あわせて読みたい

  • 仮面をかぶる異形の神が現れる「奇祭」を追い続ける写真家・石川直樹の冒険

    仮面をかぶる異形の神が現れる「奇祭」を追い続ける写真家・石川直樹の冒険

    dot.

    2/11

     海から現れた「異人」たち。石川直樹が撮る「まれびと」

    海から現れた「異人」たち。石川直樹が撮る「まれびと」

    アサヒカメラ

    10/31

  • 年の暮れ。除日の夜に訪れる来訪神の因縁と除夜の鐘

    年の暮れ。除日の夜に訪れる来訪神の因縁と除夜の鐘

    tenki.jp

    12/31

    「こたつでみかん」のご先祖は? 七十二候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」

    「こたつでみかん」のご先祖は? 七十二候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」

    tenki.jp

    12/2

  • 鹿児島県で50年に一度の大雨

    鹿児島県で50年に一度の大雨

    tenki.jp

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す