いまも王様が治めるインドネシアの太古の村からやってきた二人の技能実習生

 インドネシアの首都ジャカルタから南へ約100キロ。入り組んだ山岳地帯の奥にカセプハン・シプタゲラ村はあります。カセプハンは、古くからの慣習に沿って生きる人々のコミュニティーを指し、人口は5000人ほど。その中心的存在である王、アバ・ウギがシプタゲラ村に住んでいます。自然と調和した自給自足の暮らしを写した写真家・山下裕さんの作品を紹介します。

【関連記事】
インドネシアから来日した技能実習生二人を追った写真家・山下裕






あわせて読みたい

  • インドネシアから来日した技能実習生二人を追った写真家・山下裕

    インドネシアから来日した技能実習生二人を追った写真家・山下裕

    dot.

    8/16

    「特定技能外国人」が日本に来ないワケ

    「特定技能外国人」が日本に来ないワケ

    週刊朝日

    11/25

  • 「もう日本には行けない」海外の若者離れ進む? 新在留資格に課題

    「もう日本には行けない」海外の若者離れ進む? 新在留資格に課題

    AERA

    3/22

    日本で3年働けば家が建つ ベトナム人技能実習生の故郷を訪ねてみた

    日本で3年働けば家が建つ ベトナム人技能実習生の故郷を訪ねてみた

    AERA

    7/19

  • 失踪者も旅行者もウェルカム! 特定技能のなりふり構わぬ条件緩和がもたらすものは?

    失踪者も旅行者もウェルカム! 特定技能のなりふり構わぬ条件緩和がもたらすものは?

    AERA

    2/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す