【写真特集】森村泰昌 なりきって体感したマネの魅力

 東京・上野で開かれている「コートールド美術館展」の目玉、「フォリー=ベルジェールのバー」。アーティストの森村泰昌さんは、この作品の登場人物に扮して初めてわかったことがあると言う。

【関連記事】
森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

AERA 2019年10月21日号

あわせて読みたい

  • 森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    AERA

    10/19

    マネ、セザンヌ、ルノワール… 中野京子と読み解く印象派の魅力

    マネ、セザンヌ、ルノワール… 中野京子と読み解く印象派の魅力

    週刊朝日

    10/20

  • マネの絵の中に入ってバーテンダーの少女の感情に触れた――森村泰昌の写真館

    マネの絵の中に入ってバーテンダーの少女の感情に触れた――森村泰昌の写真館

    AERA

    10/25

    ゴッホの「研究」の跡が見える日本の「ひまわり」 ロンドンの作品との違いは

    ゴッホの「研究」の跡が見える日本の「ひまわり」 ロンドンの作品との違いは

    AERA

    3/29

  • シアーシャ・ローナン4度目の主演女優ノミネート作品『レディ・バード』 フォトギャラリー

    シアーシャ・ローナン4度目の主演女優ノミネート作品『レディ・バード』 フォトギャラリー

    5/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す