国境を越えて愛されるシルバニアファミリーの“やさしい世界”|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

国境を越えて愛されるシルバニアファミリーの“やさしい世界”

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1985年、9種類の動物の家族、1つの家と11種類の家具のシリーズでスタートした「シルバニアファミリー」。34年を経た今、60以上の国と地域で親しまれ、人形の世界累計販売数は1億5,000万体以上にのぼる。

 国を超え、人気を集めるコレクターやインスタグラマーたちもいる。

 2019年、初の大規模展覧会が巡回予定。「シルバニアファミリー展」、3月13日(水)~25日(月)東京・松屋銀座、4月24日(水)~5月6日(月祝)大阪・阪急うめだ本店

【関連記事】
世界中で愛されるシルバニアファミリー わずか2年でブーム終焉もエポック社が踏みとどまれた理由とは
シルバニアファミリーのドールハウスとは違う魅力とは? 世界中にファンがいる理由

写真=Sylvanakoさん、灰みみさん、大野洋介(写真部)
取材・文=AERA編集部・石田かおる

AERA 2019年4月1日号