【写真特集】「ムンク展-共鳴する魂の叫び」の作品を特別公開

  • 【病める子I】1896年 リトグラフ/「病める子」は1886年に第1作が描かれた連作。15歳の姉ソフィエを結核で亡くした経験がきっかけだったとされる (c)Munchmuseet

    【病める子I】1896年 リトグラフ/「病める子」は1886年に第1作が描かれた連作。15歳の姉ソフィエを結核で亡くした経験がきっかけだったとされる (c)Munchmuseet

  • 【マドンナ】1895/1902年 リトグラフ/絵の縁には精子と胎児が描かれている。ベルリンのボヘミアンたちのマドンナがモデルとされる (c)Munchmuseet

    【マドンナ】1895/1902年 リトグラフ/絵の縁には精子と胎児が描かれている。ベルリンのボヘミアンたちのマドンナがモデルとされる (c)Munchmuseet

  • 【吸血鬼】1916-18年 油彩、カンヴァス/人妻との恋愛に罪の意識を感じたことから、女性を破滅に導く恐怖の存在として描いたとされる (c)Munchmuseet

    【吸血鬼】1916-18年 油彩、カンヴァス/人妻との恋愛に罪の意識を感じたことから、女性を破滅に導く恐怖の存在として描いたとされる (c)Munchmuseet

  • 【接吻】1895年 エッチング・ドライポイント/ほかの同名の作品では、抱き合う男女が溶け合って、抽象画のようになっているものが多いが、この作品ではディテールが見て取れる (c)Munchmuseet

    【接吻】1895年 エッチング・ドライポイント/ほかの同名の作品では、抱き合う男女が溶け合って、抽象画のようになっているものが多いが、この作品ではディテールが見て取れる (c)Munchmuseet

  • 【叫び】1910年? テンペラ・油彩、厚紙/発色のいいテンペラと油絵で47歳ごろに描かれた4枚目の「叫び (c)Munchmuseet

    【叫び】1910年? テンペラ・油彩、厚紙/発色のいいテンペラと油絵で47歳ごろに描かれた4枚目の「叫び (c)Munchmuseet

  • 【絶望】1894年 油彩、カンヴァス/「叫び」とほぼ同じ背景のなかで、人物のみを沈み込む男性に置き換えた。「生命のフリーズ」シリーズの一点 (c)Munchmuseet

    【絶望】1894年 油彩、カンヴァス/「叫び」とほぼ同じ背景のなかで、人物のみを沈み込む男性に置き換えた。「生命のフリーズ」シリーズの一点 (c)Munchmuseet

  • 【太陽】1910-13年 油彩、カンヴァス/クリスチャニア大学に依頼され講堂に描いた装飾画の試作。生命力などを太陽に託して描いたとされる (c)Munchmuseet

    【太陽】1910-13年 油彩、カンヴァス/クリスチャニア大学に依頼され講堂に描いた装飾画の試作。生命力などを太陽に託して描いたとされる (c)Munchmuseet

  • <メタボリズム>の前のセルフポートレート、エーケリー 1931-32年/モダン・プリント68歳ごろの「自撮り」。生涯に多くの自画像を残した「ムンク展─共鳴する魂の叫び」展は東京・上野の東京都美術館で2019年1月20日まで開催 (c)Munchmuseet

    <メタボリズム>の前のセルフポートレート、エーケリー 1931-32年/モダン・プリント68歳ごろの「自撮り」。生涯に多くの自画像を残した
    「ムンク展─共鳴する魂の叫び」展は東京・上野の東京都美術館で2019年1月20日まで開催 (c)Munchmuseet

  • 関連記事

    • 女性問題で指を撃ち落とされる? 「叫び」のムンクの意外な素顔とは

      女性問題で指を撃ち落とされる? 「叫び」のムンクの意外な素顔とは

    • きゃりーぱみゅぱみゅのアートワーク展が台北でスタート

      きゃりーぱみゅぱみゅのアートワーク展が台北でスタート

    • 実録 水漏れマンション殺人事件

      実録 水漏れマンション殺人事件

    写真の記事を読む
【病める子I】1896年 リトグラフ/「病める子」は1886年に第1作が描かれた連作。15歳の姉ソフィエを結核で亡くした経験がきっかけだったとされる (c)Munchmuseet
【マドンナ】1895/1902年 リトグラフ/絵の縁には精子と胎児が描かれている。ベルリンのボヘミアンたちのマドンナがモデルとされる (c)Munchmuseet
【吸血鬼】1916-18年 油彩、カンヴァス/人妻との恋愛に罪の意識を感じたことから、女性を破滅に導く恐怖の存在として描いたとされる (c)Munchmuseet
【接吻】1895年 エッチング・ドライポイント/ほかの同名の作品では、抱き合う男女が溶け合って、抽象画のようになっているものが多いが、この作品ではディテールが見て取れる (c)Munchmuseet
【叫び】1910年? テンペラ・油彩、厚紙/発色のいいテンペラと油絵で47歳ごろに描かれた4枚目の「叫び (c)Munchmuseet
【絶望】1894年 油彩、カンヴァス/「叫び」とほぼ同じ背景のなかで、人物のみを沈み込む男性に置き換えた。「生命のフリーズ」シリーズの一点 (c)Munchmuseet
【太陽】1910-13年 油彩、カンヴァス/クリスチャニア大学に依頼され講堂に描いた装飾画の試作。生命力などを太陽に託して描いたとされる (c)Munchmuseet
<メタボリズム>の前のセルフポートレート、エーケリー 1931-32年/モダン・プリント68歳ごろの「自撮り」。生涯に多くの自画像を残した「ムンク展─共鳴する魂の叫び」展は東京・上野の東京都美術館で2019年1月20日まで開催 (c)Munchmuseet
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • プラネタリウムライブ【LIVE in the DARK】にNakamuraEmi、伊澤一葉

    プラネタリウムライブ【LIVE in the DARK】にNakamuraEmi、伊澤一葉

    Billboard JAPAN

    11/4

    Kamui、「BAD Feeling (feat. 荘子it)」のMV公開

    Kamui、「BAD Feeling (feat. 荘子it)」のMV公開

    Billboard JAPAN

    4/8

  • 初音ミクがバレエダンサーに! 冨田勲追悼特別公演の画像を初公開

    初音ミクがバレエダンサーに! 冨田勲追悼特別公演の画像を初公開

    Billboard JAPAN

    10/26

    毎年2万人以上の「結核」 先進国の中で罹患率が高い理由は?

    毎年2万人以上の「結核」 先進国の中で罹患率が高い理由は?

    週刊朝日

    9/1

  • flumpool×野村周平、MVで8年越しの共演「ラストコール」MVフル公開

    flumpool×野村周平、MVで8年越しの共演「ラストコール」MVフル公開

    Billboard JAPAN

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す