【写真特集】「初めて聴くのに、なつかしい」豊かな音色|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真特集】「初めて聴くのに、なつかしい」豊かな音色

このエントリーをはてなブックマークに追加

 中世・ルネサンスやバロック時代の音楽を当時の楽器やスタイルで奏でる「古楽」に注目が集まっている。精神的なストレスから演奏をあきらめかけた音楽家は「古楽に救われた」と言う。モダンな楽器にはないゆらぎ、その魅力とは。

写真=Musica Antiqua takamatsu、関口達朗、Chris Dupre

【関連記事】
スランプの奏者も救った…モダン楽器にない「古楽」の魅力とは?

AERA 2018年10月1日号