【写真】<教団エリートの「罪と罰」>総集|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真】<教団エリートの「罪と罰」>総集

このエントリーをはてなブックマークに追加

 医師、弁護士、科学者……「宗教国家」を夢想した麻原彰晃の下には、高学歴で才能あふれるエリートが集まっていた。地下鉄サリン事件から17年となった2012年、最後の特別手配犯3人の逃亡生活にピリオドが打たれた年に発売された『週刊朝日 緊急臨時増刊「オウム全記録」』では、オウム真理教を徹底取材。麻原の操り人形として破滅へと堕ちていった彼らの、封印されたプロファイルをひもとく――。

【関連記事】<教団エリートの「罪と罰」>(1)~(6)
(1)〈遠藤誠一と井上嘉浩〉超有能な彼らはなぜ麻原彰晃の元に集まったのか?
(2)〈新実智光と早川紀代秀〉「グル(麻原彰晃)の指示なら、人を殺すことも喜び」
(3)〈土谷正実と中川智正〉「人のために尽くしたい」と出家して2カ月で殺人者に…
(4)〈林泰男と岡崎一明〉誰より多くサリンを撒いた「殺人マシン」の意外な素顔
(5)〈広瀬健一と豊田亨〉物理の秀才が麻原の「浮揚」を信じた瞬間
(6)〈横山真人と端本悟〉“オウムシスターズ”次女と交際を黙認された男の怒り「麻原さんを許せない」

週刊朝日 臨時増刊『オウム全記録」(2012年7月15日号)


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい