超有能な彼らはなぜ麻原彰晃の元に集まったのか? <教団エリートの「罪と罰」(1)>

オウム真理教

2018/07/06 18:33

 医師、弁護士、科学者……「宗教国家」を夢想した麻原彰晃の下には、高学歴で才能あふれるエリートが集まっていた。6日に死刑が執行された、「麻原四女の“許嫁”」遠藤誠一死刑囚と、「側近中の側近」と呼ばれた井上嘉浩死刑囚。地下鉄サリン事件から17年となった2012年。最後の特別手配犯3人の逃亡生活にピリオドが打たれた年に発売された『週刊朝日 緊急臨時増刊「オウム全記録」』では、オウム真理教を徹底取材。麻原の操り人形として破滅へと堕ちていった彼らの、封印されたプロファイルをひもとく――。

あわせて読みたい

  • 【写真】<教団エリートの「罪と罰」>総集

    【写真】<教団エリートの「罪と罰」>総集

    7/26

    麻原死刑囚の元弁護士が語った疑問 元信者「死刑のニュース速報で震えが来た」 埋葬先が聖地化? 

    麻原死刑囚の元弁護士が語った疑問 元信者「死刑のニュース速報で震えが来た」 埋葬先が聖地化? 

    週刊朝日

    7/6

  • 「グル(麻原彰晃)の指示なら、人を殺すことも喜び」<教団エリートの「罪と罰」(2)>

    「グル(麻原彰晃)の指示なら、人を殺すことも喜び」<教団エリートの「罪と罰」(2)>

    週刊朝日

    7/6

    オウム元死刑囚たちの最後「異常に汗をかき、毎晩のように失禁していた」拘置所関係者が証言【平成事件史】

    オウム元死刑囚たちの最後「異常に汗をかき、毎晩のように失禁していた」拘置所関係者が証言【平成事件史】

    dot.

    12/30

  • 裁判でも続いた麻原劇場 殺人を正当化した教祖の狂気 <麻原彰晃の真実(3)>

    裁判でも続いた麻原劇場 殺人を正当化した教祖の狂気 <麻原彰晃の真実(3)>

    週刊朝日

    7/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す