「リスキリング」に関する記事一覧

電話帳の印刷からAIを使いこなす企業へ 社長に聞くリスキリングに成功するための姿勢
電話帳の印刷からAIを使いこなす企業へ 社長に聞くリスキリングに成功するための姿勢

経済の停滞、IT化への対応の遅れ……。失われた30年の間に、さまざまな課題が生まれた。政府が本腰を入れようとしている「リスキリング」は、起爆剤になるのか。AERA 2023年11月27日号より。

AERA
勉強しても成果が上がらない人の陥りやすい過ち 自分のやるべき課題が把握できていない
勉強しても成果が上がらない人の陥りやすい過ち 自分のやるべき課題が把握できていない
スキルアップのために日々勉強しているビジネスパーソンの中でも努力が報われて、成果が上がる人とそうでない人がいます。努力が報われる人の特徴の一つが、「何が自分の課題なのか把握できている」という点だと、『9割の「努力」をやめ、真に必要な一点に集中する勉強の戦略』(朝日新聞出版)の著者岡健作は語ります。自分の目の前にある課題をより精緻に突き詰め、解消していくノウハウを、同書から一部抜粋して解説します。
TOEICリスキリング勉強勉強の戦略書籍朝日新聞出版の本
dot. 7/28
その「勉強」はあなたのためになるのか? 無駄な努力を省くために、課題を正しく診断する
その「勉強」はあなたのためになるのか? 無駄な努力を省くために、課題を正しく診断する
ビジネスパーソンの多くは、自らのスキルアップのために、勉強しています。学生と違って、勉強の成果が収入の増減につながるかもしれないビジネスパーソンにとっては、限られた時間のなかで、無駄な「努力」をせずに、効率よく勉強して成果を上げなければなりません。そのためには、自分のしている勉強が正しいものかどうか、常に考えていなければいけません。最近出版された『9割の「努力」をやめ、真に必要な一点に集中する勉強の戦略』(岡健作著・朝日新聞出版)を一部抜粋し、勉強の目的と、現在抱えている課題について把握する重要性を解説します。
TOEICリスキリング勉強勉強の戦略書籍朝日新聞出版の本
dot. 7/26
【社会人の学び直し】武庫川女子大が開設したリカレント講座 女性に限定せず「申し込みは想定以上」
【社会人の学び直し】武庫川女子大が開設したリカレント講座 女性に限定せず「申し込みは想定以上」
社会人が学び直すリカレント教育には、さまざまな学びの場がある。大学で手軽に学べる社会人講座にも多くのニーズがあり、最近開講したなかでは、2023年4月にスタートした、150以上の講座が設置される武庫川女子大学のリカレント教育センター「ムコノアプラス」が注目される。
リカレント教育リスキリング
dot. 7/25
【社会人の学び直し】農業と福祉の連携「農福連携」 千葉大学プログラム受講をきっかけに転職する人も
【社会人の学び直し】農業と福祉の連携「農福連携」 千葉大学プログラム受講をきっかけに転職する人も
社会人が学び直すリカレント教育には、さまざまな学びの場がある。そのなかでも60時間以上を受講する履修証明プログラムは、大学院だとハードルが高いけれど、しっかり学びたいという人におすすめだ。その一例として、農業と福祉の連携「農福連携」を学ぶ千葉大学のプログラムをAERAムック『大学院・通信制大学2024』で取材した。
リカレント教育リスキリング
dot. 7/24
勉強の「努力」を最小にするためには、「戦略マップ」を作って、自分の立ち位置を知ることが大切
勉強の「努力」を最小にするためには、「戦略マップ」を作って、自分の立ち位置を知ることが大切
スキルアップのために何か勉強していますか?複雑化した現代、日々勉強して自分をアップデートしていなければ、社会についていけません。とはいっても、時間もないし、努力も嫌いという人多いですよね。そういうビジネスパーソンの求められるのは、できるだけ努力せず、余分な時間を使わずに、効率よく勉強する戦略です。最近出版された『9割の「努力」をやめ、真に必要な一点に集中する勉強の戦略』(岡健作著・朝日新聞出版)を一部抜粋、再編集して、勉強の戦略を立てるための、戦略マップの作り方を解説します。
TOEICリスキリング勉強勉強の戦略書籍朝日新聞出版の本
dot. 7/24
「勉強の戦略」を立てれば効率化する まずは「とにかくがんばれ」という呪いからの解放を
「勉強の戦略」を立てれば効率化する まずは「とにかくがんばれ」という呪いからの解放を
勉強をするというと「努力」とか「気合でがんばれ」という言葉がもれなく付いてくると思いませんか?努力が大好きな人やがんばることが必要だと思っている人には、頑張ってもらうとして、「めんどくさい」とか「努力とか無理」という人はどうしたらいいのでしょう。そんな悩みに応えてくれるのが『9割の「努力」をやめ、真に必要な一点に集中する勉強の戦略』(岡健作著・朝日新聞出版)です。筆者の岡健作さんは「努力」が大の苦手。その岡さんは効率的に勉強するために「勉強の戦略」を立てます。そのノウハウを同書の一部を抜粋、再編集して解説します。
TOEICリスキリング勉強勉強の戦略書籍朝日新聞出版の本
dot. 7/21
「めんどくさがり」でも勝てる! 努力が苦手な人でもぐんぐん力が付いてくる「勉強の戦略」
「めんどくさがり」でも勝てる! 努力が苦手な人でもぐんぐん力が付いてくる「勉強の戦略」
DXやらChatGPTやらで、リスキリングやリカレント教育など学びなおし、社会人になっても相変わらず勉強に追われる日々を過ごしている人、結構まわりにいませんか?学問に王道なしとか、努力は必ず報われるとか、努力に勝る天才なしとか、右を向いても左を見ても、努力、努力のオンパレード。でも努力をすればほんとに報われるんですか?『9割の「努力」をやめ、真に必要な一点に集中する勉強の戦略』(岡健作著・朝日新聞出版)では努力が苦手な人が、どう勉強していくかという“戦略”を詳しく解説しています。同書を一部抜粋、再編集して紹介します。
TOEICリスキリング勉強勉強の戦略書籍朝日新聞出版の本生涯学習
dot. 7/19
【社会人の学び直し】製造業の管理職者がMOT(技術経営)修士をめざす 重要性が増す環境系のリカレント教育
【社会人の学び直し】製造業の管理職者がMOT(技術経営)修士をめざす 重要性が増す環境系のリカレント教育
2年間しっかり研究に打ち込む大学院修士課程でのリカレント教育。その学びは社会でどのように生きるのだろうか。技術力と経営管理能力をあわせ持つMOT(技術経営)修士の育成に取り組む大学院と、環境問題についてさまざまな専門領域からアプローチする大学院について、AERAムック『大学院・通信制大学2024』で取材した。
リカレント教育リスキリング大学院・通信制大学2024
dot. 7/9
【社会人の学び直し】公文書・記録資料を扱うアーキビスト育成/学習院大 リーダーシップ開発/立教大
【社会人の学び直し】公文書・記録資料を扱うアーキビスト育成/学習院大 リーダーシップ開発/立教大
社会人になってから外部の教育機関で新たなスキルや知識を身につけるリカレント教育。本格的に研究に打ち込むなら、2年間かけてじっくり取り組める大学院修士課程がお薦めだ。注目されるテーマのなかから2つ、重要な資料を収集、整理して保存し後世に伝えていく「アーキビスト育成」と、人と組織の課題を解決できる高度専門職者を育成するプログラムについて、AERAムック『大学院・通信制大学2024』で取材した。
アーキビストリカレント教育リスキリング大学院・通信制大学2024
dot. 7/9
なぜ社会人の学び直し「リカレント教育」が必要なのか? 社内ではスキルや知識が得られない 企業も育成に悩む
なぜ社会人の学び直し「リカレント教育」が必要なのか? 社内ではスキルや知識が得られない 企業も育成に悩む
就職してからも、自分の能力をレベルアップしていきたい。大学院などで学び直すリカレント教育はそんな願いに応えるためにある。社会人の「学び直し」とはどんなものかを、知っておきたい。
リカレント教育リスキリング大学院
dot. 6/17
筆文字メニュー7千円、アメリカンポップな似顔絵3千円…物価高時代の「手に職」これからはマイクロ化
筆文字メニュー7千円、アメリカンポップな似顔絵3千円…物価高時代の「手に職」これからはマイクロ化
光熱費や食料品の値上げラッシュ。物価高に襲われるこんな時代だからこそ、収入の「壁」を突破したい。鍵は、強みとなるスキルのマイクロ化だ。AERA 2023年3月20日号の記事を紹介する。
リスキリング副業
AERA 3/20
ドローン操縦士「人材不足」で副業チャンスも 8千億円市場拡大で“これから伸びる現場”
ドローン操縦士「人材不足」で副業チャンスも 8千億円市場拡大で“これから伸びる現場”
物価高なのに収入が上がりづらい中、副業に熱い視線が注がれている。気になるのは、どのようなスキルに需要があるのか。注目はドローンの操縦士だ。AERA 2023年3月20日号の記事を紹介する。
ドローンリスキリング
AERA 3/19
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
竹田こもちこんぶ「いつでもウエルカム」子育てママ芸人が「リスキリング」発言の岸田首相へ提言
竹田こもちこんぶ「いつでもウエルカム」子育てママ芸人が「リスキリング」発言の岸田首相へ提言
岸田首相が2023年の年頭記者会見で掲げた「異次元の少子化対策」。本気を見せたのはわかるが、1月27日の参院代表質問では、育児休業中のリスキリング(学び直し)を「後押しする」と述べ炎上。リスキリングは「2023年の流行語大賞か」とささやかれてしまうほど、子育て中や子育て経験者の人たちには、悪い意味で刺さった言葉となった。
おもしろ荘リスキリング岸田首相竹田こもちこんぶ
dot. 2/22
1
カテゴリから探す
ニュース
「イケてる人は吉原にいた」?! 不適切にもほどがある「大吉原展」PR 誰の声に向き合うのか 北原みのり
「イケてる人は吉原にいた」?! 不適切にもほどがある「大吉原展」PR 誰の声に向き合うのか 北原みのり
不適切にもほどがある!
dot. 3時間前
教育
長期休暇がキャリア形成に? 日本でも導入進む「サバティカル休暇制度」、最長2年休める企業も
長期休暇がキャリア形成に? 日本でも導入進む「サバティカル休暇制度」、最長2年休める企業も
AERA 3時間前
エンタメ
岩田剛典が「前例のない」単独アリーナツアー開催 あらゆる活動の原動力は「挑戦心」
岩田剛典が「前例のない」単独アリーナツアー開催 あらゆる活動の原動力は「挑戦心」
AERA 8時間前
スポーツ
国内でも若手が台頭 瀬戸大也、パリへの切符も“盤石”ではない 「五輪の借り」は返せるのか
国内でも若手が台頭 瀬戸大也、パリへの切符も“盤石”ではない 「五輪の借り」は返せるのか
瀬戸大也
dot. 1時間前
ヘルス
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
【肝胆膵がん】年間手術数450件誇るがん研有明病院・肝胆膵外科 髙橋祐医師「診断や治療方針の決定を迅速に」
いい病院
dot. 2時間前
ビジネス
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均株価
dot. 2/25