下山進

下山進

1993年コロンビア大学ジャーナリズム・スクール国際報道上級課程修了。文藝春秋で長くノンフィクションの編集者をつとめた。上智大学新聞学科非常勤講師。2018年より、慶應義塾大学総合政策学部特別招聘教授として「2050年のメディア」をテーマにした調査型の講座を開講、その調査の成果を翌年『2050年のメディア』(文藝春秋、2019年)として上梓した。著書に『アメリカ・ジャーナリズム』(丸善、1995年)、『勝負の分かれ目』(KADOKAWA、2002年)、『アルツハイマー征服』(KADOKAWA、2021年)、『2050年のジャーナリスト』(毎日新聞出版、2021年)。
2050年のメディア
【下山進=2050年のメディア第21回】世界一の広告代理店 創業者の風俗店通い FT紙のスキャンダリズム

【下山進=2050年のメディア第21回】世界一の広告代理店 創業者の風俗店通い FT紙のスキャンダリズム

フィナンシャル・タイムズ(FT)の名物企画に、「Lunch with the FT(FTと昼食を)」がある。FTのジャーナリストが、ビジネスや文化、科学などの分野の著名人と昼食をとりながら、インタビューをする。何を食べたか値段も載せて毎週土曜日に掲載されている。
下山進
週刊朝日 12/14
【下山進=2050年のメディア第20回】国益で物事を見ない フィナンシャル・タイムズの流儀

【下山進=2050年のメディア第20回】国益で物事を見ない フィナンシャル・タイムズの流儀

フィナンシャル・タイムズ(FT)紙のブリュッセル支局は、FT紙の中で、ワシントン支局と並ぶ大きな規模の支局だ。
下山進
週刊朝日 12/7
【下山進=2050年のメディア第19回】大学生が熱狂する ドラマ『silent』 テレビでは見ない

【下山進=2050年のメディア第19回】大学生が熱狂する ドラマ『silent』 テレビでは見ない

上智大学の学生たちが、興奮して話しているので、そのドラマの存在を知った。
下山進
週刊朝日 11/30
【下山進=2050年のメディア第18回】孫正義が唱えた人間を超えるAIは可能か? 示唆を与える二冊の本

【下山進=2050年のメディア第18回】孫正義が唱えた人間を超えるAIは可能か? 示唆を与える二冊の本

前号で紹介した著者エージェントのジョン・ブロックマンが運営していたEdgeというサイトは、賢人たちをひとつの部屋にいれて、ある命題を議論させる、それがインターネット上だとたやすくできる、というアイデアで生まれたものだった。
下山進
週刊朝日 11/23
【下山進=2050年のメディア第17回】ノーベル賞を受賞する著者を輩出するエージェントの秘密

【下山進=2050年のメディア第17回】ノーベル賞を受賞する著者を輩出するエージェントの秘密

「またしても下山さんが探してこられた著者が受賞!」
下山進
週刊朝日 11/16
【下山進=2050年のメディア第16回】手塚治虫は現代のシェイクスピアか? 『PLUTO』誕生秘話

【下山進=2050年のメディア第16回】手塚治虫は現代のシェイクスピアか? 『PLUTO』誕生秘話

手塚治虫が亡くなって33年、長男の手塚眞は、父親が亡くなった歳、60歳を超えた。
下山進
週刊朝日 11/9
【下山進=2050年のメディア第15回】手塚治虫をNFTで売る 技術革新と戦わない手塚プロの秘密

【下山進=2050年のメディア第15回】手塚治虫をNFTで売る 技術革新と戦わない手塚プロの秘密

版権は「管理」するものではなく、それをテコにして新しく創造していくもの。それに気がついたのは、以前勤めていた出版社で、翻訳ものの出版の編集もやっていたからだ。そのコンテンツが強力なものであれば、グローバルにその作品を、本のみならず、映画、テレビシリーズ、ゲーム他さまざまな形で、売っていけるということを目の当たりにした。
下山進
週刊朝日 11/2
【下山進=2050年のメディア第14回】朝日を静かに辞める そしてメディアを創る

【下山進=2050年のメディア第14回】朝日を静かに辞める そしてメディアを創る

朝日新聞が、2023年度までに300人の早期退職を募るとわかってから2年弱。記者職を中心にすでに多くの人が朝日を辞めている。
下山進
週刊朝日 10/26
【下山進=2050年のメディア第13回】『深夜特急』再論 我らの旅は終わらず

【下山進=2050年のメディア第13回】『深夜特急』再論 我らの旅は終わらず

第8回で、沢木耕太郎の『深夜特急』をとりあげたらば、感に堪えないという感じの反響があった。
下山進
週刊朝日 10/19
【下山進=2050年のメディア第12回】外岡秀俊『北帰行』復刊 46年前のこの小説に新聞社再生のヒントあり

【下山進=2050年のメディア第12回】外岡秀俊『北帰行』復刊 46年前のこの小説に新聞社再生のヒントあり

昨年暮れに心不全で亡くなった外岡秀俊の処女作が、先月河出書房新社から文庫で復刊された。
下山進
週刊朝日 10/5
2 3 4 5 6

この話題を考える

徳川家のリアル

徳川家のリアル

日本史を代表する武将であり政治家でもある徳川家康。大河ドラマ「どうする家康」の展開も話題になっているが、その家康を中心にした「徳川家」のリアルに迫る。

この話題の記事をすべて見る
  • 天下人・家康、領国統治や外交の礎は今川家に 氏真を特別視していたと分かる史実も

    天下人・家康、領国統治や外交の礎は今川家に 氏真を特別視していたと分かる史実も

    dot. 9/18
    信長・家康が庇護した今川氏真が浜松城にいた理由とは 歴史学者が推察する役割

    信長・家康が庇護した今川氏真が浜松城にいた理由とは 歴史学者が推察する役割

    dot. 9/17
    戦国大名家のトップ・今川家を手本とした家康 懸川城攻略に拘らなかった理由も気心故か

    戦国大名家のトップ・今川家を手本とした家康 懸川城攻略に拘らなかった理由も気心故か

    dot. 9/11
    徳川家康と今川氏真の深い交流 両家を結びつけ、今川家存続の鍵を握った貞春尼の最期

    徳川家康と今川氏真の深い交流 両家を結びつけ、今川家存続の鍵を握った貞春尼の最期

    dot. 9/10

カテゴリから探す

ニュース

ガーシー被告が綾野剛さんを法廷に呼んでの裁判を避けた理由 「初公判で認めるか悩んでいた」

ガーシー被告が綾野剛さんを法廷に呼んでの裁判を避けた理由 「初公判で認めるか悩んでいた」

dot. 12時間前

教育

ハーバード卒・廣津留すみれ「タクシー運転手さんと話すタイプ」 仕事でも大事にする“自然体”と“雑談力”

ハーバード卒・廣津留すみれ「タクシー運転手さんと話すタイプ」 仕事でも大事にする“自然体”と“雑談力”

廣津留すみれ
dot. 1時間前

エンタメ

議論百出で大紛糾、結論出ない"小田原評定"も 合戦前の作戦会議「軍評定」の実態

議論百出で大紛糾、結論出ない"小田原評定"も 合戦前の作戦会議「軍評定」の実態

AERA 1時間前

スポーツ

広島、ヤクルトには“新たな中軸打者”誕生? 来季のブレイクを漂わせる5人の若手

広島、ヤクルトには“新たな中軸打者”誕生? 来季のブレイクを漂わせる5人の若手

プロ野球
dot. 14時間前

ヘルス

長寿で老けないハダカデバネズミ 理由を解明してアンチエイジング活用 最新研究を皮膚科医が解説

長寿で老けないハダカデバネズミ 理由を解明してアンチエイジング活用 最新研究を皮膚科医が解説

アンチエイジング
dot. 1時間前

ビジネス

女性社長の名前 12年連続「和子」が最多はなぜ? 背景に日本企業の深刻な事情も

女性社長の名前 12年連続「和子」が最多はなぜ? 背景に日本企業の深刻な事情も

女性社長
dot. 20時間前