「遺産相続」に関する記事一覧

生前贈与の仕組みが変わる!? 相続税と贈与税は見直しへ

生前贈与の仕組みが変わる!? 相続税と贈与税は見直しへ

 昨年12月に公開された与党の「令和4年度税制改正大綱」では相続税と贈与税の見直しに関する具体策は示されず、議論は先送りされた格好になっている。 議論の行方や今後の相続対策について、タクトコンサルティ

週刊朝日

3/1

  • “不躾な親類には相続せず全額寄付したい”場合 おすすめは「公正証書遺言」

     身内ならではの思いも絡む相続のトラブル。そこで、とりわけワケありの人の相続事例を取り上げ、専門家からアドバイスをもらった。“争族”から学ぶ防御法とは──。 今回は「全額寄付し

    週刊朝日

    2/28

  • 身内が後妻業にひっかかった 遺産を守るための対策とは?

     相続のトラブルは、身内ならではの思いも絡むだけに、なかなか厄介だ。そこで、とりわけワケありの人の相続事例を取り上げ、専門家からアドバイスをもらった。“争族”から学ぶ防御法とは

    週刊朝日

    2/27

  • 母と長年別居する父の遺産はどうなる? 愛人に渡らないようにするには!

     相続に詳しいファイナンシャルプランナーは言う。「お金が絡む相続は一筋縄ではいかないことが多く、揉めそうな人ほど早めに対策をするに越したことはありません。ワケあり人生を送る人たちの相続対策は一見レアケ

    週刊朝日

    2/26

  • 50代ニートの弟に母の遺産1億3千万円が渡りそうで 対策は?

     相続のトラブルは、家族の数だけあると言われる。身内ならではの思いも絡むだけに、なかなか厄介だ。そこで、とりわけワケありの人の相続事例を取り上げ、専門家からアドバイスをもらった。“争族&r

    週刊朝日

    2/25

  • 「いい相続対策、ダメな相続対策」 国税庁OB、敏腕税理士が教えます

     今後、税制の変更によって、生前贈与で得られる“節税効果”は小さくなっていくのが確実だとみられている。今からできる効果的な相続対策とは? やってはいけない相続対策とは?*  *

    週刊朝日

    11/29

  • 国税が目を光らせるタワマン相続税対策 「やってはいけないダメ対策」元調査官の教え

     今後、税制の変更によって、生前贈与で得られる“節税効果”は小さくなっていくのが確実だとみられている。今からできる効果的な相続対策とは? やってはいけない相続対策とは?【前編/

    週刊朝日

    11/29

この人と一緒に考える

  • コロナで変わった“遺産バトル” 財産激減に延滞税発生、うつ病発症も

     新型コロナウイルスがもたらした経済的打撃は、「遺産相続」にも影響を及ぼしている。緊急事態宣言発令による行動制限や、病院内での面会謝絶、株価の暴落をきっかけに、思わぬ“争続”に

    週刊朝日

    11/22

  • 相続税の平均額は1714万円 節税対策を進めるときの大原則は?

     いざ相続が発生したとき気になるのが、相続する際に発生する相続税。相続税の申告書の提出期限と相続税納付の期限はともに、相続の開始があったことを知った日(通常は被相続人の死亡日)の翌日から10カ月以内と

    週刊朝日

    11/16

  • 相続の準備、最低限は「財産リスト作り」 揉めそうなら遺言書の作成も

     相続が発生したとき、残された家族がやらなければいけない手続きや届け出は予想以上に多い。もしもに備えて、元気なうちに自分ができる相続の準備には、どんなことがあるか。あらためておさらいしておこう。*  

    週刊朝日

    11/15

  • 非課税枠に縮減の可能性、タワマン節税は締め付け 変わる相続の常識

     年間110万円の非課税枠を利用した「生前贈与」。相続税対策として知られているが、この生前贈与のあり方が変わる可能性があるという。来年以降、贈与税と相続税の一体化の議論が本格的に始まるのだ。*  * 

    週刊朝日

    11/8

  • 「富裕層の優遇策」撤廃へ 生前贈与はできなくなる?

    「来年から生前贈与はできなくなるのか?」 そう言って税理士事務所に駆け込む高齢者が増えているという。そのきっかけは、昨年12月に公表された自民・公明両党の令和3年度税制改正大綱だ。翌年度以降の改正方針

    週刊朝日

    11/5

  • 介護貢献分は「思ったより安い」現実も 相続ルールの「損得」

     相続のルールは、19~20年にかけて施行された民法改正でも大きく変わった。運用されてからまだ間もないが、その影響をみてみよう。「『遺留分』を金銭で請求できるようになったのは大きな進歩」。相続に詳しい

    週刊朝日

    7/13

この話題を考える

  • いらない土地を国に「あげる」制度新設 メリットとデメリットは?

     土地の相続や登記に関するルールが大きく変わる。いらない土地を国が引き取る制度の創設を盛り込んだ新法や、相続の際に登記を義務づける改正不動産登記法や改正民法がこの4月に公布された。消費者にとって手間も

    週刊朝日

    7/12

  • 「相続」は期限延長も可能に コロナ禍での「死後の手続き」

     身近な人の死は、いつかはみな経験する。亡くなった後の短い間にも、やるべきことは次々に押し寄せる。それはコロナ禍でも変わりない。感染のリスクを抑えながら、着実に手続きを進める必要がある。押さえるべきポ

    週刊朝日

    6/25

  • 子が1000万円以上損したケースも 配偶者相続に潜む“落とし穴”

     相続には配偶者を優遇する制度がたくさんあるが、使い方次第では損をする可能性も。配偶者の相続税負担を大きく減らす「配偶者の税額の軽減(配偶者控除)」と、昨年4月から始まった「配偶者居住権」の&ldqu

    週刊朝日

    3/19

  • もめる遺産分割 富裕層より一般家庭のほうが争いやすい4つの理由

     相続争い、いわゆる“争族”は、分ける財産が多い富裕層よりも、分ける財産が少ない一般の家庭のほうが、むしろ起きやすいという。 どうすれば争いを食い止められるのか…

    dot.

    3/15

  • コロナ禍で時間を要する場合も…「死後14日以内」の手続きとは?

     フランスで新たなロックダウン(都市封鎖)措置が行われるなど、世界では新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。本格的な冬の到来を控え、日本でも“第2波”が警戒されている。 コ

    週刊朝日

    11/7

  • 家族が死んでまずやることは「死亡届」 提出は代理でも可

     近しい人が亡くなったとき、煩雑な手続きをこなすうちにコロナにかかってしまった。そんなことにならないように、コロナ対策はしっかりしたい。また、おひとりさまの場合は、コロナ禍で不安になる中、死後のことで

    週刊朝日

    11/6

1 2 3 4 5

カテゴリから探す