「性教育」に関する記事一覧

「コンドーム」と「低用量ピル」、避妊の効果はどのくらい違う? 性教育の専門家に聞く

「コンドーム」と「低用量ピル」、避妊の効果はどのくらい違う? 性教育の専門家に聞く

「皆さん、避妊にはどんな方法があるか知っていますか?」。明るく、サバサバとした語り口で小・中学校、高校を中心に、年間120回を超える性教育講座をこなす、サッコ先生こと産婦人科医の高橋幸子先生。思春期真

dot.

1/10

  • 「妊娠していなくても、中高生のうちから産婦人科に行こう」と性教育の専門家が呼びかける理由とは?

     小・中学校、高校を中心に、年間120回を超える性教育講座をこなす、サッコ先生こと産婦人科医の高橋幸子先生。講演が終わってから「親には聞けなかったことが、ちゃんとわかってよかったです!」とわざわざ伝え

    dot.

    1/9

  • 「自慰行為のし過ぎで死ぬの!?」中高生を翻弄するウソに、専門家がアドバイス

     小・中学校、高校を中心に、年間120回を超える性教育講座をこなす、サッコ先生こと産婦人科医の高橋幸子先生。講義のあとは、「テクノブレイクがウソとわかってよかった」という男子生徒からの感想も多いそう。

    dot.

    1/8

  • 北原みのり

    北原みのり

    社会学者・宮台真司氏が公共の電波で語る「性教育」にまっとうな返し 「昔話はほどほどに」

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、公共の電波で語られた性教育について。*   *  * 先日、「ラジオであなたの話をしているから聴いたほうがいい」と友

    dot.

    4/27

  • 北原みのり

    北原みのり

    男性に主導権を渡してはダメ? 性教育ブームの日本社会でいま本当に知りたいこと

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、日本の性教育について。*    *   * 1985年、日本国内で初めてのエイズ患者が報告された。当時、HIVとエイ

    dot.

    2/9

  • 旦木瑞穂

    旦木瑞穂

    月経管理アプリに「彼氏持ちだ!」「ナプキンは一日1枚で足りる」 性教育不足が招く男女の断絶

     突然イライラしたり、不意に涙が出てきたり、生理前は自分が制御不能になる――。月経前の心身の不調を医学的には「月経前症候群:PMS(Premenstrual Syndrome )」や「月経前不快気分障

    dot.

    7/14

  • 旦木瑞穂

    旦木瑞穂

    夫や子どもを怒鳴って落ち込む「私はおかしいの?」 教科書に載っていない生理前のリアル

     突然イライラしたり、不意に涙が出てきたり、生理前は自分が制御不能になる――。月経前の心身の不調を医学的には「月経前症候群:PMS(Premenstrual Syndrome )」や「月経前不快気分障

    dot.

    5/12

この人と一緒に考える

この話題を考える

1

カテゴリから探す