「お金」に関する記事一覧

  • 定年後に人はどれくらいのお金を使うのか? 驚きの調査結果

     お金を「貯める」ことではなく「使い切る」ことに焦点を当てた、これまでにないお金の教科書が、注目を集めている。『DIE WITH ZERO ~人生が豊かになりすぎる究極のルール』という翻訳書だ。昨年の

    ダイヤモンド・オンライン

    11/15

  • 50代、60代からでも2000万以上たまる!? 積み立て投資で「自分年金」

     積み立て投資が大人気だ。老後資金に不安を感じる20代、30代の若者が中心だが、専門家によると50代、60代からでも十分始められるという。国が用意した制度の「iDeCo」や「つみたてNISA」なら税メ

    週刊朝日

    11/15

  • 「忘れると4万8000円の損」年末調整で最近提出が増えている"第3の添付書類"

     年末調整の書類が配られる季節になりました。生命保険料や住宅ローン控除については毎年書類を提出している人が多いのではないでしょうか。経済コラムニストの大江英樹さんは「最近この2つに加えて『小規模企業共

    プレジデントオンライン

    11/4

  • 【やらない人は損してる?】ふるさと納税のお金が貯まる活用法

    「ちっともお金が貯まらない」「ちゃんとしたいのに何もしていない」と悩んでいる人は、じつは「お金と向き合う重要性をわかっている人」だと言います。こう語るのは話題の新刊書『そのままやるだけ!お金超入門』を

    ダイヤモンド・オンライン

    11/2

  • 好調の米国株に陰り…相場下落で「含み益バリアー破られた」と悲鳴も 今後を専門家が展望

     不動の人気を誇ってきた米国株ファンドだが、直近は相場変調の兆しにトーンダウン。実際、どれくらい利益が出たのか、今後はどうなるのか。AERA 2021年10月25日号の記事を紹介する。*  *  * 

    AERA

    10/20

  • 70歳超で死んだら“年金繰り下げ”の恩恵なし 年金改正案の不公平感

     受給を遅らせれば増額されていく年金「繰り下げ」。人生100年時代の“武器”として期待が高まっているが、来年春からの上限年齢拡大に伴って「不公平」とも思える事態が発生することが

    週刊朝日

    9/2

この人と一緒に考える

  • 月収15万円のシングルマザー、毎月4.5万円を投資&貯金できる理由

     社会問題の一つにもなっている、シングルマザーの貧困。給与が高い仕事につきにくい、子どもが成人するまで養育費をきちんと受け取れる保証がない等のネガティブな要素もありますが、一番大切なのは「自分の人生を

    ダイヤモンド・オンライン

    7/28

  • 共働きは老後も「最強の家計」に? そのための3つのポイント

     現在の収入が増え、それを基にした投資と年金増額で老後ライフも楽しめる──共働きはハッピーリタイアメントの一つの条件といえるかもしれない。しかも、基礎条件さえ満たせば、将来、さらに上乗せが見込め、老後

    週刊朝日

    6/25

  • 年金を増やせる! 50代から妻も働く「1.5人分」厚生年金のススメ

     子育てを終えて増えた時間、主婦の労働を妨げるとされてきた数字の「壁」を崩していく国の政策……。いま、共働きには強いフォローの風が吹いている。では、実際に夫婦で合わせて1.

    週刊朝日

    6/25

  • 主婦の労働を阻む「壁」崩壊? 50代から共働きで「老後資金づくり」

     子育てが終わり自由になる時間が増えた専業主婦なら、「共働き」を考えてみてはいかがか。本格的に働けば自分の年金が増え、稼いだお金を積み立て投資に回せば余裕資金も増やせる。折しも主婦の労働を妨げるとされ

    週刊朝日

    6/24

  • 年金繰り下げモデル「WPP」とは? 長生きリスクもカバーできる

     歌のように、年金も世に連れ……となるかもしれない。国が誘導を狙っている年金の「繰り下げ」をしやすくするような、私的年金や貯蓄・資産の使い方が提唱され始めているからだ。すで

    週刊朝日

    6/24

  • パズル化する「年金」 受給開始「60~75歳」選択肢が増え複雑に

     2022年、「年金大改正」がやってくる。年金の受け取り年齢が一斉に拡大するのだ。しかも、「いつからもらうか」の判断はすべて受給者に委ねられる。選択肢が増えるのはいいが、どんどん複雑化して「まるでパズ

    週刊朝日

    6/21

この話題を考える

  • 65年放置で2000万円以上に 孫のために100万円でできること

     コロナ禍で残業代など給料が下がる家庭が増えている。と聞くと、孫を持つ祖父母が気になるのは、その孫にかかるお金のことだろう。「今や将来に役立つように援助したい」と思う祖父母が大勢いる。仮に今「100万

    週刊朝日

    6/1

  • 会社の「確定拠出年金」、活用できている?  年齢で分かれる利益確定の是非

     会社が出してくれるお金で退職金や年金を準備できる「確定拠出年金(企業型DC)」。昨年からの株価の上昇で大きく利益を出した会社員がいる一方で、長年ほったらかしのままの人も多い。毎月の掛け金は数万円だが

    週刊朝日

    4/14

  • 値上げラッシュで負担増 加えて「70歳就業時代」に来る「収入減の崖」とは?

     新型コロナの収束が見えずに誰もが負担を感じているが、身の回りのサービスや生活用品の値上げも“待ったなし”だ。 高齢者などが利用する介護保険サービスは、4月から基本料が値上げに

    週刊朝日

    2/4

  • 損しない! コロナ関連「確定申告」、スマホやチケット代も控除に

     新型コロナの感染拡大を受け、フェースシールドや消毒液、PCR検査代などの思わぬ出費が増えた人は多い。また、「持続化給付金」などの給付金を受け取った人もいる。これらは確定申告にどう関わってくるのか。お

    週刊朝日

    1/22

  • 今さら聞けない年金の基本、イデコって何?税金が安くなる?FPに聞いた

     公的年金に上乗せして、さらに年金を増やす私的年金、個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)。先の国会で成立した「年金改正法」で、加入できる年齢の上限が上がった。この機会に、もう一度、その仕組みやメリ

    週刊朝日

    8/11

  • 妻の年金受給額が大幅アップに! ケース別に見る資産寿命の延ばし方

     2022年4月から順次施行される「年金改正法」。働いていても受け取り額が減らず、先延ばしにすることで最大2千万円増えるなど、もらい方を考えておくことで受給額が大きく変わるのだ。具体的に、年金改正法を

    週刊朝日

    8/10

1 2 3 4 5

カテゴリから探す