【辻愛沙子さん登壇!】『dodaキャンパス』×『AERA』 大学生のファーストキャリアを考えるオンラインイベント開催 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【辻愛沙子さん登壇!】『dodaキャンパス』×『AERA』 大学生のファーストキャリアを考えるオンラインイベント開催

はたらき方は、自分で描く!デジタルネイティブのキャリアの作り方

辻愛沙子(株式会社arca CEO / Creative Director)

辻愛沙子(株式会社arca CEO / Creative Director)

片桐圭子(『AERA』編集長)

片桐圭子(『AERA』編集長)

桜井貴史(株式会社ベネッセi-キャリア商品サービス本部 本部長)

桜井貴史(株式会社ベネッセi-キャリア商品サービス本部 本部長)

 自分らしく働きたい、だけど、どう選べばいいか分からない。好きなことを仕事にしたくても「好き」が見つからない……。

 大学生の努力や経験をアピールする「場」として、企業と学生の本質的なマッチングを促進する就活サービス『dodaキャンパス』と、企業や社会の動向にスポットをあてて時代の潮流を発信している『AERA』がタッグを組んで、ファーストキャリアに悩む大学生のためのオンラインイベントを開催します!

 皆さんがツールとして使いこなしてきたデジタルデバイスやそれらについての漠然とした知識も、見方を変えたり磨き直したりすることできっと武器になります。「就職活動」のフレームに自分を押し込むのではなく、自分のやりたいこと・好きなこと・得意なことを大切にしながら、ファーストキャリアの一歩を踏み出してほしい。そう願って、皆さんの仕事選びのヒント、就職活動の武器になるようなトピックを、いま注目の若手クリエイティブディレクターの辻愛沙子さんや、デジタル分野で注目される企業の若手社員を招いたトークイベントで見つけていきます。

■開催概要

<日時>
2021年3月23日(火) 19:30~21:00 ※予定

<会場>
ライブ配信

<プログラム>
第1部【特別講演】辻愛沙子さんと考える「自分のキャリアの描き方」
辻愛沙子さん × 片桐圭子『AERA』編集長
幼少期から自分の好きを仕事にしたいと考えていた辻さん、順風満帆な人生ではなかった!? 辻さんがいつから自分の働き方を意識し始めたかをモチベーショングラフで解説します。聞き手は『AERA』編集長片桐圭子が務めます。

第2部【トークセッション】教えてセンパイ!「デジタルで働くってどうですか?」
デジタル分野に強みをもつ企業で活躍する若手社員をお招きし、現場ならではの経験やデジタルスキルの重要性、スキルを活かした今後のキャリア形成について語ってもらいます。

◆登壇者
アマゾンジャパン合同会社 大竹麻理耶さん
サントリーコミュニケーションズ株式会社 有村遊馬さん
株式会社ベネッセi-キャリア 桜井貴史さん
※ファシリテーターを『AERA』編集長片桐圭子が務めます

企業名は五十音順です ※上記は予定です

<定員>
200名(先着)

<参加費>
無料

<応募資格>
2022年卒・2023年卒・2024年卒の大学生/大学院生

<参加方法>
事前登録制

<申し込みとイベント詳細>
お申し込みは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

<締め切り>
2021年3月17日(水) 23:59
※定員になり次第、参加申し込みの受付を終了します

<当選通知>
当選通知はありません。先着順になります

<お問い合わせ先>
『dodaキャンパス』お問い合わせフォーム
https://campus.doda.jp/inquiry

<主催>
『dodaキャンパス』(株式会社ベネッセ i-キャリア)
『AERA』(株式会社朝日新聞出版)

※応募には『dodaキャンパス』の会員登録が必要となります。利用規約をよくお確かめのうえ、ご登録ください

※オンラインでの視聴URLは、イベント前日までに、『dodaキャンパス』のメッセージパネル上にてお知らせいたします

■登壇者プロフィール ※敬称略
辻愛沙子(株式会社arca CEO / Creative Director)
社会派クリエイティブを掲げ、「思想と社会性のある事業作り」と「世界観に拘る作品作り」の二つを軸として広告から商品プロデュースまで領域を問わず手がける越境クリエイター。リアルイベント、商品企画、ブランドプロデュースまで、幅広いジャンルでクリエイティブディレクションを手がける。2019年春、女性のエンパワメントやヘルスケアをテーマとした「Ladyknows」プロジェクトを発足。2019年秋より報道番組 news zero にて水曜パートナーとしてレギュラー出演し、作り手と発信者の両軸で社会課題へのアプローチに挑戦している。

片桐圭子(『AERA』編集長)
1995年、朝日新聞社入社。『AERA』では女性、子ども、教育、働き方、事件、ベンチャー企業などを幅広く取材。副編集長時代は表紙担当としてブッキングや撮影の指揮を執る。朝日新聞宇都宮総局、教育ジュニア編集部、宣伝プロモーション部長などを経て、2018年9月から現職。

桜井貴史(株式会社ベネッセi-キャリア商品サービス本部 本部長)
2001年、大手人材サービス会社に入社。大手企業の採用支援等を経て、就活ナビや合同説明会、Web合同説明会の立ち上げ、ASEAN学生の就職支援等、責任者として推進。一貫して、キャリア教育や企業の採用支援に携わる。2016年にパーソルキャリアに入社。関連会社ベネッセi-キャリアにて、2020年より現職。dodaキャンパスや、年間8000コマのキャリア講座運営等を通じて、毎年約30万人の学生のキャリア教育を支援中。

■登壇企業(五十音順)
アマゾンジャパン合同会社(Amazonビジネス事業本部 シニア プロダクト マネージャ大竹麻理耶さん)
サントリーコミュニケーションズ株式会社(デジタルマーケティング本部 有村遊馬さん)


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい