感染・免疫学の研究に最も強い大学は?全87テーマで大学を総合評価!AERAムック『大学ランキング2021』発売 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

感染・免疫学の研究に最も強い大学は?全87テーマで大学を総合評価!AERAムック『大学ランキング2021』発売

アナウンサー・読者モデルの出身校や、人気企業への就職実績などもランキング!4月14日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社朝日新聞出版(本社・東京都中央区)は、『大学ランキング2021』(定価2420円税込)を、4月14日に発売します。「受験偏差値だけに頼らない大学評価」をコンセプトに編集部が調査・収集したデータに基づくランキングを、一挙に公開します。ランキングの項目は、就職、資格、入試、研究から、アナウンサー・読者モデルの出身校、ドラマ・映画のロケ地まで、全87テーマです。現在注目される感染・免疫学など、分野別の研究力についても詳細なランキングを公表しています。

『大学ランキング2021』巻頭特集は「入試改革 私はこう考える」。教育現場に大きな波紋を広げた大学入学共通テストへの英語民間試験と記述式の導入をはじめとする教育改革について、有識者11人に、賛否を含めた未来への提案を語ってもらいました。 

 そして巻末には全784大学の学部別就職先データも掲載。大学ごとの強みがわかる一冊です。

 以下、ランキングの一部を発表します。(本誌掲載情報より抜粋)

[病理病態学、感染・免疫学の科研費採択件数]
1位=大阪大、2位=東京大、3位=京都大
[免疫学の論文引用度指数]
1位=横浜市立大、2位=日本医科大、3位=大阪大/慶應義塾大
[外国人教員数]
1位=早稲田大、2位=立命館大、3位=大阪大
[入学者の地元出身比率が低い(国立)]
1位=筑波技術大、2位=奈良女子大、3位=京都大
[アナウンサーの出身]
1位=早稲田大、2位=慶應義塾大、3位=上智大
[キャビンアテンダントの採用]
1位=関西外国語大、2位=青山学院大、3位=関西学院大

【本誌のおもな内容】

●入試改革 私はこう考える!
上野千鶴子(東京大学名誉教授、認定NPO法人WAN理事長)
柴山昌彦(衆議院議員、前文部科学大臣)
佐藤優(作家、元外務省主任分析官)
安河内哲也(東進ハイスクール・東進ビジネススクール英語科講師)
前川喜平(現代教育行政研究会代表、元文部科学事務次官)
内田樹(神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長)
ほか

●日本の大学を徹底評価 大学を知りつくすランキング87(一部)
[資格・採用]司法試験、一級建築士、警察官、教員
[総合]高校、学長、受験生、社会人からの評価
[教育]図書館、海外留学制度、最年少教授
[研究]論文引用、科研費、中小企業との産学連携
[入試]志願者数、倍率、内部進学者数
[メディア]テレビドラマ・映画のロケ地、新書の執筆者数
[OB・OG]政治家、社長、アナウンサー、俳優 ほか

●日本の大学784校 学部別就職先データ<編集部・独自調査> ほか

AERAムック『大学ランキング2021』
定価:2200円+税
発売:2020年4月14日(火曜日)

※Amazonで好評発売中!


トップにもどる お知らせ一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい