• 特集
  • 不妊治療の孤独

不妊治療の孤独

今や、約5.5組に1組が不妊治療の検査や治療を受けたことがある時代。今年4月から不妊治療が保険の適用対象になった。間口が広がった一方で、センシティブな問題ゆえに、深い悩みを抱え、孤独の中に佇んでいる人は依然として多い。こうした当事者のさまざまな“孤独”を掘り下げながら、不妊治療の今を探った。

  • 44歳で10年に渡る不妊治療やめた 「何が何でも妊娠しなければ」の抜けられない呪縛

    44歳で10年に渡る不妊治療やめた 「何が何でも妊娠しなければ」の抜けられない呪縛

     不妊治療を「やめる」——その決断は、途方もない葛藤と向き合う、とても困難なものだ。治療を続ければ続けるほど、時間も労力も金額もかさみ、その分簡単にはやめられなくなる。「次こそ

    dot.

    8/18

  • 10年間の不妊治療をやめたら自然妊娠、2度の流産…授かれなかったその先にあるもの

    10年間の不妊治療をやめたら自然妊娠、2度の流産…授かれなかったその先にあるもの

    不妊治療を「やめる」——治療を続ければ続けるほど、時間も労力も金額もかさみ、その決断は途方もない葛藤と向き合う。不妊治療の今を探る短期集中連載「不妊治療の孤独」の最終回の第4回

    dot.

    8/18

  • 不妊治療と仕事の両立の難しさ 上司からの「いつ頃子どもできそう?」に涙があふれて

    不妊治療と仕事の両立の難しさ 上司からの「いつ頃子どもできそう?」に涙があふれて

     仕事と不妊治療の両立は、未だ解決の兆しが見えない大きな課題の一つだ。仕事を持ち、働きながら治療を続ける女性にとって、治療期間の終わりが見えず、通院回数のかさむ不妊治療は、大きな負担になってしまう現状

    dot.

    8/17

  • 不妊治療に「不自然につくった子どもであんたは幸せ?」実母からのひと言が突き刺さる

    不妊治療に「不自然につくった子どもであんたは幸せ?」実母からのひと言が突き刺さる

     今や、体外受精で産まれる子どもは14人に1人。約5.5組に1組が不妊治療の検査や治療を受けたことがある時代だ。にもかかわらず、職場での理解にはまだまだ高いハードルがある。短期集中連載「不妊治療の孤独

    dot.

    8/17

  • 「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない

    「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない

    不妊治療は、妊娠出産の当事者である女性が主体となるものの、その陰でパートナーである男性が悩みや葛藤を抱えるケースが少なくない。妻にも本音が言えぬ中、プレッシャーで追い詰められてしまう例もある。そうした

    dot.

    8/16

  • 「妊活したいけど1回も性交していない……」結婚6年目夫婦の他人に言えない深い悩み

    「妊活したいけど1回も性交していない……」結婚6年目夫婦の他人に言えない深い悩み

     今や、約5.5組に1組が不妊治療の検査や治療を受けたことがある時代。今年4月から不妊治療が保険の適用対象になったことで、より治療の間口が広がった側面もある。こうした中、不妊は未だ当事者が「身近な人に

    dot.

    8/15

  • 年々増加する「セックスレス妊活」 性外来の医師が指摘する深刻な課題とは

    年々増加する「セックスレス妊活」 性外来の医師が指摘する深刻な課題とは

     約5.5組に1組が不妊治療の検査や治療を受けたことがある時代であるにもかかわらず、不妊は未だ当事者が「身近な人にこそ話しづらい」と悩むテーマだ。こうした当事者のさまざまな“孤独&rdqu

    dot.

    8/15

1

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す