• 特集
  • 菊の姿見~皇室インサイト

菊の姿見~皇室インサイト

社会を映す鏡ともいわれる皇室。さまざまな角度から、その素顔や令和の時代の在り方について迫ります。深掘りしたニュース、コラムを集めました。

  • 秋篠宮さまの“反論” 26年で「不満」から「難しい」へ変わった理由

    秋篠宮さまの“反論” 26年で「不満」から「難しい」へ変わった理由

     秋篠宮さまが57歳の誕生日に先立ち行われた記者会見で、SNSでの発信の可能性を言及した。情報発信に際して、皇室へのバッシングに反論する場合の「基準」作りも課題の一つだ。今回の会見、毎日新聞客員編集委

    AERA

    12/9

  • 雅子さま59歳お誕生日 エリザベス女王の国葬参列以降増えたご公務の理由とは

    雅子さま59歳お誕生日 エリザベス女王の国葬参列以降増えたご公務の理由とは

     12月9日は雅子さまの59歳のお誕生日。今年後半は、エリザベス女王の国葬でイギリスに行かれたほか、1泊2日で沖縄、兵庫など地方への訪問もなされた。来年、令和5年を迎えると、当然のことながら皇后陛下と

    dot.

    12/9

  • 秋篠宮さま誕生日会見に見た本気度 皇族SNS発信への道

    秋篠宮さま誕生日会見に見た本気度 皇族SNS発信への道

     11月30日、秋篠宮さまが57歳の誕生日に先立って臨まれた記者会見が公開された。そこからうかがうことができるのは、情報発信とSNSに対する秋篠宮さまの考えだ。2022年12月12日号の記事を紹介する

    AERA

    12/8

  • 悠仁さまの「トンボ」好き、進学に適した大学は? 東大、東農大などの他に明治大も

    悠仁さまの「トンボ」好き、進学に適した大学は? 東大、東農大などの他に明治大も

     ちょうど、昨年のいまごろ、秋篠宮家の長男・悠仁さまの進学先が「筑波大付属高等学校」なのではないかと話題になった。子どもの成長は早いもので、高校に入ったばかりかと思っていたら次の進路の話が出てくる。筑

    dot.

    12/4

  • 愛子さま21歳の誕生日 国民に愛される理由は「人見知りでも自然体で好印象」

    愛子さま21歳の誕生日 国民に愛される理由は「人見知りでも自然体で好印象」

     天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは1日に21歳の誕生日を迎えた。先日、佳子さまと雅楽を鑑賞なさったときの愛子さまは「所作が両陛下に似ている」と評判だったが、国民に愛される愛子さまの21年間をご家族の写

    dot.

    11/30

  • なぜ小室圭さんの動向にざわついてしまうのか 名古屋大河西准教授が語る意外な理由

    なぜ小室圭さんの動向にざわついてしまうのか 名古屋大河西准教授が語る意外な理由

     秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(31)が、3度目の受験をした米・ニューヨーク州の司法試験に合格してから1カ月がたつ。司法試験に晴れて合格して、小室さん・眞子さんの話題は終息

    dot.

    11/20

  • 愛子さまと佳子さま「紅白コーデ」に弾み、眞子さんの「道」に思いを馳せた

    愛子さまと佳子さま「紅白コーデ」に弾み、眞子さんの「道」に思いを馳せた

     皇室のファッションは国民の関心が高いテーマ。先日も、愛子さまと佳子さまの「紅白コーデ」が話題を呼んだ。服装には着る人の内面が表れ、その場に居合わせた人との関係性を露わにすることもある。コラムニストの

    dot.

    11/16

  • 佳子さまがウクライナのテニス選手に「東京はどうですか?」と“普通の会話”に終始した理由

    佳子さまがウクライナのテニス選手に「東京はどうですか?」と“普通の会話”に終始した理由

    「東京はどうですか」「日本に来てどのような気持ちですか」 11月10日、テニスの国別対抗戦の抽選式に出席した秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは、笑顔でウクライナの選手に話しかけた。 11日、12日の2日間

    dot.

    11/13

  • 愛子さま「純白」佳子さま「深紅」マナーのプロが読み解く“紅白”コーデに秘められたメッセージ

    愛子さま「純白」佳子さま「深紅」マナーのプロが読み解く“紅白”コーデに秘められたメッセージ

     11月5日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまと、秋篠宮家の次女・佳子さまが、皇居で開かれた宮内庁楽部による秋季雅楽演奏会をそろって鑑賞された。いとこ同士で、こうしたお出ましは初めてのことで注目を集めた

    dot.

    11/12

  • 秋篠宮家と小室さんはバッシングの「治外法権」 皇室の「ガン無視」脱却に期待

    秋篠宮家と小室さんはバッシングの「治外法権」 皇室の「ガン無視」脱却に期待

     小室圭さんがニューヨーク州の司法試験に合格した。だが、一部の週刊誌報道やSNS上でのバッシングはやまない。現代の日本において、皇室の情報発信はどうあるべきか。2022年11月14日号から。*  * 

    AERA

    11/9

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す