書評『物理学者のすごい思考法』橋本幸士著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

物理学者のすごい思考法 橋本幸士著

新井文月書評#話題の新刊#読書

 私たちは普段の生活の中で、どのくらい物理学の視点でものごとを考えるだろうか? 知っていたとしても宇宙を構成する素粒子が17種類だということくらいではないか。

 著者は、超ひも理論や素粒子論を専門とする理論物理学者だ。その考え方は物事を抽象化し、現象が発生する理由を論理的に考察することだ。つまり極論をいえば、この世界のルールを解き明かしているともいえる。 

 本書が秀逸なのは、全く物理学に縁のない人でも、なるほどと膝を打ちながら読める点にある。たとえば洗濯物ハンガーの洗濯バサミが絡まっている時、どうすれば絡まりがとれるか等、内容は私たちの日常とかけ離れておらず、文章もユーモアにあふれ読みやすい。

 物理学者は全く違う視点で世の中を観ており、この思考を通じて、世界がまた広がったことを体感できる一冊だ。
(新井文月)

週刊朝日  2021年3月26日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい