手の倫理

ベスト・レコメンド

2020/11/05 17:35

 触覚に関する日本語には、「さわる」と「ふれる」という2種類の動詞がある。触覚の可能性について考察した伊藤亜紗の『手の倫理』は、まず、私たちがこれらの語句をどう使い分けしているか例示した上で、このように説いていた。

あわせて読みたい

  • 眞子さまの結婚問題 日本人の心のよりどころはどこへ? 「中国人も天皇制をうらやましいと言ったが」

    眞子さまの結婚問題 日本人の心のよりどころはどこへ? 「中国人も天皇制をうらやましいと言ったが」

    dot.

    12/26

    大人でもどう考えたらよいか難しい問題。さてどう答える?

    大人でもどう考えたらよいか難しい問題。さてどう答える?

    BOOKSTAND

    8/10

  • うがいは2種類やろう! 新型コロナを遠ざける“体調管理術”

    うがいは2種類やろう! 新型コロナを遠ざける“体調管理術”

    週刊朝日

    2/27

    七十二候<土潤溽暑〜つちうるおうてむしあつし〜>植物も汗をかき、人は恋する

    七十二候<土潤溽暑〜つちうるおうてむしあつし〜>植物も汗をかき、人は恋する

    tenki.jp

    7/28

  • 重大な医療事故の起きた現場に欠けていたものとは

    重大な医療事故の起きた現場に欠けていたものとは

    dot.

    11/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す