書評『ひみつのしつもん』岸本佐知子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ひみつのしつもん 岸本佐知子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実書評#話題の新刊

 雑誌「ちくま」に連載した中から選んだエッセイ集。

 自分が生まれた産院について連載で書いたところ、産院名を間違い、母親から「せっかく縁起のいい名前のところを選んで産んだのに」と叱られ謝罪した。この話は単行本に収録しないと約束したのに、再録してしまったと「あとがき」に記している。うっかりミスだと断っているが、「面白ければ良し」の魂胆ではないかと勘繰ってしまうのは、軽妙で独特な筆致ゆえだ。

 どこまでが実話でどこからが妄想なのか判然としない。「河童」という一篇では、レストランでソムリエからワインの説明を聞くうち「これ、全部作り話なんじゃないか」と思ったとたん、胸のソムリエ・バッジは河童の顔にしか見えなくなり……。身辺雑記を入り口に、いつしかヘンな世界に連れ出される。(朝山実)

週刊朝日  2019年12月20日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい