《話題の新刊 (週刊朝日)》

定点写真でめぐる東京と日本の町並み

阿部英明書評#話題の新刊
 本書の著者は、10代後半から20代だった70年代、街の景観が刻々と変化していくことに気づき、手にしたばかりのカメラで「見慣れた町並み」をフィルムに収めておこうと思い立つ。そして数十年後の令和元年、もう一度同じ場所を訪れ、同じアングルで「定点写真」を撮影して一冊にまとめた。撮影ポイントは東京都内をはじめ、北海道から沖縄まで206カ所に及んでいる。

 復元工事前の東京駅丸の内駅舎の八角屋根や有楽町の旧朝日新聞社前で街宣をする赤尾敏の姿に自分の記憶の曖昧さを痛感する一方、立派な建物が取り壊されながら生き延びている電信柱(秋田・角館)や、時間に抵抗するようにそこにあり続ける民家(新潟・水原)など、小さな発見もある。

 街は移ろい、記憶は上書きされる。街のクロニクルは実に貴重だ。(阿部英明)

週刊朝日  2019年11月22日号



続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック