書評『父のなくしもの』松田洋子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

父のなくしもの 松田洋子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山 実書評#話題の新刊

「巨人の星」の星一徹を思わせる不器用な父親のことを、娘の視点で振り返る漫画だ。

 鉄工所の社長だった父と母、姉妹たちで家族旅行へ。お膳に並びきらない旅館のご馳走を前に「大丈夫かな」と著者が目を細めるシーンがリアル。幸せな時間を過ごして帰宅すると、工場はもぬけのから。社員たちは夜逃げし、軌道に乗りかかった工場は倒産。一家の苦難が続く。

 子供時代、親に捨てられた父が、「居場所」を与えてくれた用務員さんにお礼を言いたいと、晩年に夫婦で会いに行く逸話にはグッとくる。一方、息子に社長を譲った後も工場に現れては疎まれる「困った親父」ぶりも描かれ、父親ってそういうものだよなと頷いてしまう。昭和の風景とともに読者の胸にも「なくしもの」の意味が重層的に迫ってくる作品だ。(朝山 実)

週刊朝日  2019年9月27日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい