パリの「赤いバラ」といわれた女

2019/09/13 17:44

 1950~60年代、海外で多くの映画に出演、ヨーロッパでは特に人気が高かった「日本初の国際女優」谷洋子。本書はフランスを拠点に、「クレイジー・ホース」「カジノ・ド・パリ」でのショーから映画へと転身した女性の生涯を、多くの証言とともに追う。この人の背景には、第2次世界大戦が、戦後が、欧米と日本の違いが、生まれた環境があり、さまざまな交友があった。

あわせて読みたい

  • 元祖「国際女優」島田陽子がプロデューサー?「衰えるまで女優をやる計画はないの」

    元祖「国際女優」島田陽子がプロデューサー?「衰えるまで女優をやる計画はないの」

    週刊朝日

    10/13

    “日本人最古のパリピ”藤田嗣治の魅力 小栗康平監督が語る

    “日本人最古のパリピ”藤田嗣治の魅力 小栗康平監督が語る

    AERA

    9/15

  • 映画への敬愛に溢れた2つの映画

    映画への敬愛に溢れた2つの映画

    4/19

    「アズミ・ハルコは行方不明」の枝見洋子さん「イタイことして文化揺らし続けたい」

    「アズミ・ハルコは行方不明」の枝見洋子さん「イタイことして文化揺らし続けたい」

    AERA

    1/7

  • 悩めるイーサン・ホークに寄り添った、ピアノ教師とレッスン『シーモアさんと、大人のための人生入門』

    悩めるイーサン・ホークに寄り添った、ピアノ教師とレッスン『シーモアさんと、大人のための人生入門』

    Billboard JAPAN

    9/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す