銀河鉄道の父

ベストセラー解読

2018/02/14 10:30

 先月、直木賞に決まった門井慶喜『銀河鉄道の父』は、タイトルから連想できるとおり、宮沢賢治の父、政次郎(まさじろう)を主人公とした長篇小説だ。一人の男子がいかにして「宮沢賢治」となったか、その父の目を通して描かれる。

あわせて読みたい

  • 銀河鉄道の父

    銀河鉄道の父

    週刊朝日

    11/8

    石崎ひゅーい、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を朗読

    石崎ひゅーい、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を朗読

    Billboard JAPAN

    7/7

  • 「透明な幽霊」とは何か?宮沢賢治「春と修羅 序」前半を読み解く

    「透明な幽霊」とは何か?宮沢賢治「春と修羅 序」前半を読み解く

    tenki.jp

    4/13

    宮沢賢治生誕120年。花巻市でたくさんの物語の舞台を

    宮沢賢治生誕120年。花巻市でたくさんの物語の舞台を

    tenki.jp

    9/18

  • コシヒカリが「宮沢賢治の米」と呼ばれていた理由

    コシヒカリが「宮沢賢治の米」と呼ばれていた理由

    週刊朝日

    5/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す