歩くだけで不調が消える 歩行禅のすすめ

話題の新刊

2017/11/08 11:00

 1968年生まれの著者は、奈良県の吉野山金峯山寺で出家得度し、99年に金峯山寺1300年の歴史で2人しか満行していない大峯千日回峰行を達成した大阿闍梨である。大峯千日回峰行とは、48キロの険しい山中を1日16時間かけて歩き、それを千日間続けるという命がけの荒行だ。

あわせて読みたい

  • 「一日が一生」壮絶な人生を歩んだ大阿闍梨 最期の言葉

    「一日が一生」壮絶な人生を歩んだ大阿闍梨 最期の言葉

    dot.

    5/8

    “現代の生き仏”が死の3日前に語った「最期の言葉」

    “現代の生き仏”が死の3日前に語った「最期の言葉」

    dot.

    3/12

  • 90歳の現役女性弁護士が大阿闍梨に教えられた「一日一生」という生き方

    90歳の現役女性弁護士が大阿闍梨に教えられた「一日一生」という生き方

    dot.

    8/26

    5度目の五輪目指す三宅宏実選手を再起させた「ある言葉」

    5度目の五輪目指す三宅宏実選手を再起させた「ある言葉」

    dot.

    4/7

  • 【写真特集】「MIND TRAIL 奥大和  心のなかの美術館」

    【写真特集】「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」

    11/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す