わたしの容れもの

話題の新刊

2016/09/01 11:36

 年をとるとともに、体にも変化が現れる。脂肪がつきやすくなる、ぎっくり腰になる、肌が乾燥しやすくなる。40代後半を迎えた著者は、そうした自身の「容れもの」の変化を、加齢のマイナス面だけでなく、むしろ好奇心を軸として積極的に探っていく。
 たとえば、視力が低下して眼鏡を作った際、周りの人や物がはっきり見えるのに驚いたり、やがて訪れる老眼にちょっとした期待を覚えたり。また食事に関する興味が増大し、自炊の際に一緒に暮らす家族の健康に配慮するようになったり。
 老いはネガティブなものと認識されがちだが、著者は年輪を確実に刻んでいく身体と、その速さに追いつかない意識とのギャップに自然な笑いを見いだしている。だから、年をとることが微笑ましく、読んでいるこちらも楽しみになる一冊だ。

週刊朝日 2016年9月9日号

わたしの容れもの

角田光代著

amazon
わたしの容れもの

あわせて読みたい

  • 「見えた気になっているだけ」プロに聞く失敗しない老眼鏡作り

    「見えた気になっているだけ」プロに聞く失敗しない老眼鏡作り

    週刊朝日

    12/6

    老眼回復に即効性あり? 帯津医師がすすめる「四四運目法」とは
    筆者の顔写真

    帯津良一

    老眼回復に即効性あり? 帯津医師がすすめる「四四運目法」とは

    週刊朝日

    4/15

  • 20代でも起こりえる「スマホ老眼」 医師に聞いた眼の老化を防ぐセルフケアとは?

    20代でも起こりえる「スマホ老眼」 医師に聞いた眼の老化を防ぐセルフケアとは?

    セルフドクター

    5/26

    視力回復法「ガボールパッチ」、視力低下予防「雲霧法」、その効果は?

    視力回復法「ガボールパッチ」、視力低下予防「雲霧法」、その効果は?

    AERA

    10/22

  • 老眼のプラチナ世代の問い合わせ殺到!“久保京子効果”絶大のルーペ
    筆者の顔写真

    山田美保子

    老眼のプラチナ世代の問い合わせ殺到!“久保京子効果”絶大のルーペ

    週刊朝日

    8/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す