書評『ストーカー加害者』田淵俊彦、NNNドキュメント取材班著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ストーカー加害者 田淵俊彦、NNNドキュメント取材班著

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理書評#話題の新刊

ストーカー加害者

田淵俊彦、NNNドキュメント取材班著

space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 2000年に規制法が成立、今や日常語となった「ストーカー」。問題と闘うためにこそ「加害者を知らねば」と、ドキュメンタリー番組のディレクターがかれらと直接対峙したルポだ。
 加害者カウンセリングに訪れる、男女3名のインタビューが克明に紹介される。30代のある女性は好きな芸術家を「先生」と呼び、ツイッターやメールで頻繁に連絡を繰り返す。受信拒否されても「どうにかして繋がりを保ちたい」と連絡量は増えたという。外見や仕事上問題がなくとも、ひとたび恋愛感情を抱くと相手の気持ちをまったく想像できない。「追う」ことが生活のすべてとなるその姿は「依存症」と著者は言う。SNS上での匿名の個人攻撃が問題となる現在、その「症状」は誰にでも起こりうるとリアリティーを感じずにいられない。

週刊朝日 2016年6月3日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい