書評『夏目漱石、読んじゃえば?』奥泉光著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

夏目漱石、読んじゃえば? 奥泉光著

このエントリーをはてなブックマークに追加
倉本さおり書評#話題の新刊

「小説を面白がるのに決まったやり方があるわけじゃない」。なんとも心強い主張の下、明治の大文豪のとっつきにくいイメージがみるみるうちに解体されていく。教科書や国語便覧にはけっして書かれていなかった、昂揚感あふれる名作の愉しみ方を教えてくれる一冊だ。
 著者は『「吾輩は猫である」殺人事件』をはじめ、パスティーシュやパロディの名手としても知られる奥泉光。彼の手にかかれば、『坊っちゃん』は「中二病」ないし「コミュ障」の物語に、『こころ』にいたっては「国民的ネタバレエンタメミステリー」(!)として捉え直されることになる。他にも「最初から最後まで全部読む必要なんてない」「物語の流れを理解していなくてもかまわない」等々、読書そのものに対するイメージが一新される。
 読書が人生の役に立つかどうかはわからない。けれど、「人生は読書の役に立つ」。中学生以上を対象にした「14歳の世渡り術」シリーズの一冊だが、そのユニークな視点と柔軟な発想は、氾濫するコピペ情報にがんじがらめになっている私たちにこそ必要なのでは。

週刊朝日 2015年7月24日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい