書評『東海道中床屋ぞめき』林朋彦著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

東海道中床屋ぞめき 林朋彦著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実書評#話題の新刊

東海道中床屋ぞめき

林朋彦著

978-4938643614
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 がちゃがちゃした気配がぷんぷんの写真集だ。日本橋から京都までの86軒の床屋さんを撮影し、92枚の写真を掲載している。
 主人公は「店」の佇まい。ひやかしを「ぞめき」というのだそうだ。その言葉のように、ずけずけと覗き込んでいく。目につくのは黒いピアノ、やかんを載せたストーブ、片眼だけ墨の入ったダルマさん、女優のモノクロ写真、椅子の破れを補修したガムテープなど。年季が入り、いい具合にくたびれている。自然と子どものころに通った店を思い浮かべる。
 人間は登場させないポリシーと得心しかけるや、小型犬を連れたサンダル履きのオバチャンが現れる。店を遊び場にしている子どもたちも登場する。時間が止まったかのような昔のままの姿の写真集かと思うと、薄型テレビがデンと主張し、ギターや碁盤が我が物顔で写っている。現役感たっぷりのノイズに満ちている。
 写真集を閉じようとして、ようやく言葉に出会う。フリーランスから出版社勤務に転じた著者の「あとがき」の言い訳にひきつけられた。

週刊朝日 2015年7月17日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい