科学の現場 研究者はそこで何をしているのか

話題の新刊

2015/03/19 17:21

 STAP細胞事件は、「科学」に対する社会の信頼を大きく揺らがせた。研究の現場では今、何が起きているのか。本書は東大を退官した医学研究者が、「真理追究」というより「生活の手段」という側面から科学にスポットを当て直したものだ。
 マスコミが報道するのは、傑出した研究業績を上げた人か、スキャンダルにまみれた研究者か、どちらか。しかし、そのいずれも「両極端」と著者は言う。科学といえど、一種の競争社会。予算を求め国や民間に研究成果をプレゼンしなければ生き残れない現状の姿は「俳優兼プロモーター」に近い。
 科学者の評価を決めるのは結局のところマスコミへの露出ではなく、研究(論文)内容だ。しかし地位を得るほど学務や教育に時間を取られ、研究現場から遠ざかることも「否定できない事実」という。研究者自身が語る「にっちもさっちも行かない現状」だからこそ、具体的な説得力が伴う。期待を裏切られる部分もあるかもしれないが、研究者志望の若者などには現実を知る良い教科書になるだろう。

週刊朝日 2015年3月27日号

科学の現場

坂井克之著

amazon
科学の現場

あわせて読みたい

  • 大学教員の世界にも世代間格差が!

    大学教員の世界にも世代間格差が!

    AERA

    12/16

    小保方さん騒動で学生が真面目に? STAP細胞の余波

    小保方さん騒動で学生が真面目に? STAP細胞の余波

    AERA

    4/21

  • ノーベル賞学者・大隅良典氏が抱く日本への危機感「人と同じところに発見はない」

    ノーベル賞学者・大隅良典氏が抱く日本への危機感「人と同じところに発見はない」

    dot.

    12/28

    科学と社会をつないでいく 科学コミュニケーター・本田隆行

    科学と社会をつないでいく 科学コミュニケーター・本田隆行

    AERA

    5/28

  • 科学の困ったウラ事情

    科学の困ったウラ事情

    週刊朝日

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す