書評『最高の住まいをつくる「リフォーム」の教科書』佐川旭編著/林直樹著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

最高の住まいをつくる「リフォーム」の教科書 佐川旭編著/林直樹著

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤村かおり書評#話題の新刊

 間取り博士の異名を持つ一級建築士が、建築士ならではの視点でリフォームの哲学からノウハウまで教えてくれる。 
 そもそも住まいの「す」という音は、命を育む“巣”や神社の杉(すぎ)のように、古代から特別な意味を持つ。だから住まいは清らかで健康的でないといけないのだという。健康的で満足のいく空間にするには、いくつかのポイントがある。リフォームの目的や日常生活で必要なことをはっきりさせたり、加齢のための光・風・熱を考えたり。いるモノ、いらないモノを選択するのも大事だ。
 リフォームの利点のひとつは、古いものを活かすこと。たとえば子供時代の身長が書かれた柱、古い建具、天井裏と梁や、和室の造作などをあえて残す。そうすればコストを抑えて他にお金をかけられるし、思い出も大切にできる。著者はこうした空間を「古美る」と名付けた。古いものは“自然素材”とマッチして美しくなるというので、参考にしたい。業者に任せきりでなく、事前の勉強がいかに必要か、ということにも気づかされた。

週刊朝日 2014年10月3日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい