EOS Kiss X10i 上級者も使える「エントリー機を超えた」実力 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

EOS Kiss X10i 上級者も使える「エントリー機を超えた」実力

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤城耕一dot.
もはや「エントリー機」とは呼べないほど機能が充実したEOS Kiss X10i

もはや「エントリー機」とは呼べないほど機能が充実したEOS Kiss X10i


 2020年6月下旬に発売される予定の、デジタル一眼レフカメラのEOS Kiss X10i。その実力に実写も交えて迫る。エントリー機「キス」にしておくには惜しいほどの充実した機能・性能だ。

【写真】露出設定を調整すれば、建物の重厚感も表現できる

*  *  *
 キヤノンEOS Kiss(イオス・キス)といえば、昨今はミラーレスのAPS−C機のEOS Kiss Mのことを指すことが多い。ところがここにきて、一眼レフも忘れては困るとばかりに、EOS Kiss X10iが発売される。

 カメラ業界では現在一眼レフからミラーレス機への移行が粛々と進行中であり、もちろんキヤノンとて例外ではない。この時代にあって、一眼レフのKissをラインアップに加えることにどのような意味があるのか考えてみたい。

 ひとつには、世界的な視野でみると一眼レフの市場がまだ無視できないほど大きいことがある。特に初心者層に訴求するには、スマートフォンとの差別をはかる必要がある。写真を撮る装置として存在を強く主張できる伝統的な一眼レフのフォルムはカメラを購入する動機の一つとなるだろう。となれば、一眼レフのEOS Kissシリーズにも大きな期待がかかるのは当然のことといえる。
【EOS上位機と同様の操作性】光学ファインダーを使用した撮影と、表示遅延の少ないライブビューにより、両者を切り替えても違和感は小さい。EOS Kiss X10iは、ミラーレス機を内蔵した一眼レフという見方もでき、撮影者の好みや撮影状況、条件によって使い分けられる

【EOS上位機と同様の操作性】光学ファインダーを使用した撮影と、表示遅延の少ないライブビューにより、両者を切り替えても違和感は小さい。EOS Kiss X10iは、ミラーレス機を内蔵した一眼レフという見方もでき、撮影者の好みや撮影状況、条件によって使い分けられる

 また、昨年登場したミドルクラスEOS 90Dの想像以上の人気の高さも無視できない。ここでミラーレスと一眼レフの優劣を取り上げるのはやぼというものである。本誌読者には説明無用だろうが、一眼レフは必要な人には必要なカメラである。しかも、一眼レフでありながら、ライブビュー撮影でも快適なAF動作だから、一眼レフの中にミラーレス機を内蔵したハイブリッドカメラとして存在意義が生まれるのである。撮影者は撮影条件や被写体、自分の好みに応じて、光学ファインダーとライブビュー、両者の撮影方法を使い分ける楽しみを味わえる。これは実用面のみならず操作の楽しみにもなるからEOS Kiss X10iを選ぶ理由にもなる。

 

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい