外国料理の関心高まるイスラエル “食の革命”が進行中

連載「金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”」

金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”

2020/02/19 08:00

 アジアの他の国を旅した際、現地で「料理の鉄人」「裸の少年」「どっちの料理ショー」「孤独のグルメ」など、料理をテーマにした多くの日本の番組が大変人気であることも知りました。
 イスラエルでは過去20年間に食に関する大きな変化がありました。豚や多くの魚介類を食さない宗教上の理由もあり、元々食に対して比較的保守的であり自宅で食べることが一般的であったのですが、時代の変化と共に外国料理への関心が急速に高まっています。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す