古都のアンティークに囲まれた空間で ロマンティックな大人のバレンタインデー (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古都のアンティークに囲まれた空間で ロマンティックな大人のバレンタインデー

連載「京都暮らしの四季暦」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナカムラユキdot.#旅行#神社仏閣
アンティークの家具と花に囲まれた空間で時を忘れてゆっくりと過ごせる カフェ&バー「SOWGEN」

アンティークの家具と花に囲まれた空間で時を忘れてゆっくりと過ごせる カフェ&バー「SOWGEN」

 国内外の人々を惹きつけてやまない京都。その四季折々の魅力を、京都在住の人気イラストレーター・ナカムラユキさんに、古都のエスプリをまとったプティ・タ・プティのテキスタイルを織り交ぜながら1年を通してナビゲートいただきます。愛らしくも奥深い京こものやおやつをおともに、その時期ならではの美景を愛でる。そんなとっておきの京都暮らし気分をお楽しみください。

【この記事のその他の写真はコチラ】

*  *  *
■春の兆しを感じながらゆっくりと過ごす 大人のバレンタイン
    
 立春の声を聞くと、気分だけは少し春めいてきますが、鴨川から北の山並みを眺めると、山の奥の方は、まだうっすらと雪化粧。グレーと白と深い藍色が重なり合うこの季節の山並みは、水墨画のようにも見え、風情があります。吹きすさぶ風の中、足早に鴨川沿いを歩いていると、ひょっこりと顔を出したフキノトウの芽に、ほんの少しずつですが春の兆しを感じ、嬉しくなります。

 ぽかぽかと暖かな陽の光の訪れを待ちわびるこの季節に、心踊るバレンタインデーがやってきます。京都は数年前から、海外の有名店も含めたショコラティエが増え、普段から自分へのご褒美やお土産にとつい足が向いてしまいます。今回は、アンティークと花に囲まれてロマンティックな時間を過ごせるカフェ&バー「SOWGEN」と、大人のバレンタインデーに相応しいこだわりのチョコレートとコーヒータイムにぴったりな贈り物をご紹介します。

Antique・Plants・Cafe & Bar「SOWGEN」(ソウゲン)/075―252―1007/京都市中京区高宮町573/営業時間11:30~19:30 (LO19:00)/定休日:第2水曜

Antique・Plants・Cafe & Bar「SOWGEN」(ソウゲン)/075―252―1007/京都市中京区高宮町573/営業時間11:30~19:30 (LO19:00)/定休日:第2水曜

■一期一会を大切にしたくなる 一点もののアンティーク雑貨 

 使い込まれた家具や雑貨のあじわい深さに惹かれ、宝探しのような気分で訪れる「SOWGEN」。ファクトリーのような雰囲気の空間には、店主の小泉攝(せつ)さんが国内をはじめ、デンマークやスウェーデン、フランスなどの欧州各国で、自ら買い付けてきたアンティーク家具や雑貨が所狭しと並んでいます。引き出しや机、椅子、照明、味わいのある道具類、ガラス瓶など……眺めているとつい時間を忘れて見入ってしまいます。「自分が好きだと思うものを時間をかけて仕入れてきています。ほとんどが一点もの。一期一会なんですよね」と、攝さん。

 人と人との出会いも一期一会。バレンタインデーの贈り物にも、出会いの大切さを込めて届けたくなります。例えば、パリの蚤の市で見つけられた封蝋付きの木箱。中に時計やカフスなど小さな贈り物を入れて、ギフトボックスとして使ってみたくなります。リヨンやドイツで買付けられた手回しのミルは、コーヒーの時間を深く愛しい時間へと変えてくれそうです。ここには、贈る側もドキドキとするような味わいのあるモノであふれています。アンティーク家具に囲まれた奥のカフェは、静謐な空気が流れ、まるで隠れ家のよう。“大人のバレンタインデー”に……時を忘れ、ゆっくりとコーヒーやケーキを味わえる、とっておきの場所です。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい