天才ラーメン職人のお勧めは元ギタリストが町田のはずれに出店した行列ができる店 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天才ラーメン職人のお勧めは元ギタリストが町田のはずれに出店した行列ができる店

連載「ラーメン名店クロニクル」

このエントリーをはてなブックマークに追加
井手隊長dot.#ラーメン#井手隊長
町田「進化」の塩ラーメン。店主の関口さんはソルトコーディネーターの資格も持つ(筆者撮影)

町田「進化」の塩ラーメン。店主の関口さんはソルトコーディネーターの資格も持つ(筆者撮影)

 日本に数多あるラーメン店の中でも、屈指の名店と呼ばれる店がある。名店店主といえど、影響を受けた店はあるはず――。湯河原で愚直にラーメンを作り続ける天才、「飯田商店」店主が「並みじゃない」と感服するのはハードロックバンドの元ギタリストが作る繊細な一杯だ。

【写真特集】湯河原で長蛇の列をなす「飯田商店」、旨味が押し寄せる「醤油らぁ麺」

 ラーメン業界で最高権威とも言われるランキング本「TRYラーメン大賞」(講談社)で2連覇を果たし、食べログの平均点は3.99点、全国のラーメン店51106軒のうち全国6位、神奈川県1位(2019年1月7日現在)という実績十分のお店「飯田商店」。店主の飯田将太さんはTBS系「情熱大陸」でも特集される大注目のラーメン職人の一人だ。

 20代の頃、東京で和食の料理人を目指していたが、実家の水産加工会社に1億円の負債があることが判明。借金を返済するために、地元・湯河原に戻り、叔父の経営するラーメンチェーンのFCオーナーとしてこの世界に飛び込んだ。青天の霹靂だったが、この出来事がなければ飯田商店のラーメンはこの世に生まれなかった。
「らぁ麺屋 飯田商店」/神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14/営業時間は11:00~15:00頃(材料切れ次第終了)/月曜定休(祝日の場合は翌日)、月に一回か二回連休の日あり(筆者撮影)

「らぁ麺屋 飯田商店」/神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14/営業時間は11:00~15:00頃(材料切れ次第終了)/月曜定休(祝日の場合は翌日)、月に一回か二回連休の日あり(筆者撮影)


 その後、2010年に湯河原で「飯田商店」を開店。今でこそ知らない者はいない名店中の名店だが、1年間は鳴かず飛ばずの日々が続き、その日のお客が2人だけということもあった。だが、じわじわとネットでの口コミが広がり、ラーメン評論家も来店する人気店となった。

 筆者が初めて飯田商店を訪れたのは2014年。口コミや紹介記事などは見ていたものの、場所が湯河原ということもあり、なかなか訪れる機会がなかったのだ。しかし、一度行ったらその人気の秘密がすぐにわかった。

 ラーメンの世界には「ラーメンは豚ガラ、鶏ガラ、人柄」という言葉がある。ラーメンが美味しいことは当然大切だが、それと同じぐらい人柄が大切だという言葉である。

 どれだけ大行列を作っても、お客さん一人ひとりに笑顔で接客し、子どもには柔らかく茹でた麺を提供する。そんな飯田さんの人柄が自ずとラーメンにも表れ、美味しい一杯がさらに美味しくなる。飯田商店はそういう“心”と“顔”が見えるお店だった。
飯田将太さん(筆者撮影)

飯田将太さん(筆者撮影)


 その後さらに有名になり、数々の賞を受賞。お店がリニューアルし、整理券制を導入するようになっても、お客さんへの姿勢は忘れない。

 一度、子どもへの対応について飯田さんと話をしたことがある。

 ラーメン店は回転が命ということもあって、子どもに一席取られると売上に影響してしまう。そういうこともあって、「子どもはお断り」というお店も多いのが現実だ。

 だが、飯田商店はそうではない。ファミリーも大歓迎。子どもも一人の大切なお客さんとして接客する。そこには飯田さんのポリシーがあった。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい