政治家の“軽すぎる言葉”を考える そもそも発言を「撤回する」ことなどできるのか?

哲学

2022/12/09 17:00

「法務大臣は死刑のハンコを押す地味な役職」「野党の話は聞かない」――政治家が問題発言を「撤回」するのは、いまや見慣れた光景。政治家は「撤回」と言っておけば許されるとタカをくくっているようにもみえる。そもそも、一度表に出した発言を「撤回」することなどできるのか? 『いつもの言葉を哲学する』(朝日新書)の著者である、哲学者の古田徹也さんに解説してもらった。

あわせて読みたい

  • 「撤回」が流行? “政治家の失言”その裏にある本質とは

    「撤回」が流行? “政治家の失言”その裏にある本質とは

    AERA

    8/10

    「国民の敵」「気持ち悪いんだよ」と罵倒された小西議員が明かす、3等空佐との会話

    「国民の敵」「気持ち悪いんだよ」と罵倒された小西議員が明かす、3等空佐との会話

    週刊朝日

    4/21

  • 室井佑月「撤回するならはじめからすんなやっ」と怒り心頭
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「撤回するならはじめからすんなやっ」と怒り心頭

    週刊朝日

    3/10

    1月号東京大学文学部准教授 古田徹也 Furuta Tetsuya<言葉を大切にする>とは何をすることなのか

    1月号東京大学文学部准教授 古田徹也 Furuta Tetsuya<言葉を大切にする>とは何をすることなのか

    1/5

  • 男社会を「わきまえてはいけない」 森喜朗会長の女性蔑視発言に怒りの声

    男社会を「わきまえてはいけない」 森喜朗会長の女性蔑視発言に怒りの声

    AERA

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す