なぜ親を介護する人はみな「突然、介護がやってきた」と言うのか? プロが分析する突然感の三つの背景

ヘルス

2022/10/13 17:00

親の介護をする生活になった友人や知り合いから、「突然介護になって、どうしていいやら」という話を聞いたことはありませんか。病院の手配、介護保険の手続き、介護のルーティンなど、多くの問題が一気にのしかかってくるといいます。聞いているほうも納得し、「突然そんな事態になって、たいへんですね」と同情します。しかし介護アドバイザーの高口光子氏は、「その言葉、おかしくないですか」と疑問を投げかけます。親が老いていくのは必然で、それまでに気づくタイミングはあったはず。子どもの側の準備不足が「突然」と感じさせるのだといいます。

あわせて読みたい

  • 「お母さん、しっかりしてよ!」老親にイライラは酷 親子関係を見直すタイミングとは?

    「お母さん、しっかりしてよ!」老親にイライラは酷 親子関係を見直すタイミングとは?

    dot.

    9/19

    「親を捨てたのではないか」要介護になった親を老人ホームに入れるときにぬぐえない罪悪感

    「親を捨てたのではないか」要介護になった親を老人ホームに入れるときにぬぐえない罪悪感

    dot.

    6/21

  • 介護はプロを交えたチームで乗り越える 介護離職で共倒れしないために

    介護はプロを交えたチームで乗り越える 介護離職で共倒れしないために

    週刊朝日

    7/21

    自宅か老人ホーム、最期はどっちがいい? 決め手は「老いた姿を子どもたちに見せたくないか」

    自宅か老人ホーム、最期はどっちがいい? 決め手は「老いた姿を子どもたちに見せたくないか」

    dot.

    6/20

  • 退職してまで親の介護をするべきか……介護離職を回避するためにするべきこと

    退職してまで親の介護をするべきか……介護離職を回避するためにするべきこと

    dot.

    12/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す