知的障害児の広告・CMモデル起用に「障害者を利用している」とのクレームを恐れる企業側の壁

2022/08/28 11:30

内木美樹さんと尊君(写真/内木さん提供)
内木美樹さんと尊君(写真/内木さん提供)

 知的障害児をテレビCMや広告のモデルとして起用してもらおうという事業を立ち上げた女性がいる。女性自身も障害児の母親だが、「知的障害者にもっと親近感を抱いてほしい」という当事者側の一方通行のお願いではなく、障害当事者と家族もイチ消費者としてその企業の売上げに貢献できるのではないかという、双方のメリットを前提にした事業だ。だが、直面したのは「障害者を利用している」とのクレームを恐れる企業側の「壁」だった。“門前払い”の状況の中で、なかなか伝えることがかなわない女性の思いとは――。

【写真】実際に起用されたカットやキッズモデルはこちら

*  *  *

 千葉県に住む内木美樹さん(39)。長男の尊(たける)君(8)には自閉症と重い知的障害がある。

 海外のホテルでの接客経験を生かし、飲食店向けに英会話レッスンをする会社「華ひらく」を運営している内木さん。知的障害児をもっと身近に感じてもらい暮らしやすい社会作りにつなげたいと、1年前にキッズモデルの知的障害児版ともいえる事業を同じ会社内で立ち上げた。

 だが……。

「知的障害児を利用して会社や商品の好感度を上げようとしていると、消費者からクレームが入るかもしれません。広告への起用は難しいです」

 事業内容を説明するために訪問したある大手企業で、担当者が切り出した言葉に内木さんの頭は真っ白になった。

「クレーム……?」

 前例のない事業だけに、そう簡単にうまくいくとは思っていなかった。とはいえ「知的障害児を使ってもうけようとは何事か」という“炎上”を恐れる企業側の拒絶反応は、あまりに想定外だった。

■多くの企業が炎上を怖がる

 内木さんが企業側にお願いしたいと考えているのは2点。起用してもらった子どもが知的障害児とわかるように何らかの記載をすること。健常者を含む複数の子供が登場する場合、知的障害児はみんなとポーズや表情を合わせることが難しいため、あえて統一しないで欲しいということ。障害児の自然な姿をとらえることで、「みんな違ってていいんだよ」というメッセージを込めるためだ。

 それ以外は、企業の自由な発想で演出してほしいというスタンスである。ところが、

「訪問した多くの企業様が、同じように炎上を怖がっていました。知的障害者を起用した前例がないことが、その不安に拍車をかけているように感じましたね」

 と内木さん。

NEXT

レッテルを貼られてしまっている…

1 2 3

あわせて読みたい

  • 障害児の親、仕事と育児の両立のカギは? 当事者が問う柔軟な働き方と福祉の質

    障害児の親、仕事と育児の両立のカギは? 当事者が問う柔軟な働き方と福祉の質

    AERA

    5/30

    障害者を積極的に雇用するIT企業社長、自身もパニック障害に苦しんだ過去も

    障害者を積極的に雇用するIT企業社長、自身もパニック障害に苦しんだ過去も

    BOOKSTAND

    12/7

  • 終わりなき障害児育児、仕事との両立の難しさ 立ちはだかる「小1」「中1」「18歳」の壁

    終わりなき障害児育児、仕事との両立の難しさ 立ちはだかる「小1」「中1」「18歳」の壁

    AERA

    5/29

    障害者ら多く雇用し黒字転換 年間1500人が見学に来るダイキン子会社

    障害者ら多く雇用し黒字転換 年間1500人が見学に来るダイキン子会社

    AERA

    4/6

  • 障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    AERA

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す