世界人口の2人に1人がアフリカ人に!『経済大陸アフリカ』の著者が説く、日本企業がアフリカで勝てない理由

仕事

2022/07/22 17:00

「アフリカの人口増加率は1950年代から約70年間、ずっと2%を下回っていません。エイズなどいろんな危機があったにも関わらず、です。これは20世紀の初頭に始まった人口学の常識、方程式からするとあり得ないこと。このトレンドは、やがて世界人口の2人に1人がアフリカ人になるという、驚愕の未来を示しています。いったい、アフリカの家族形態、出生行動、経済社会は、われわれとどこが異なっているのか。今回、人口学と取り組んでみて、これまで以上にアフリカについて理解することができたと思っています。アフリカに限らず人口動向から見えてくるものは大きい」

あわせて読みたい

  • トランプに“負けない”日本企業の条件とは?

    トランプに“負けない”日本企業の条件とは?

    AERA

    2/22

    だれも知らない「韓国最強企業」伝説

    だれも知らない「韓国最強企業」伝説

    週刊朝日

    2/7

  • なぜ「失われた30年」に決別し、賃上げ実現できない? 要因は日本企業の特徴にあり

    なぜ「失われた30年」に決別し、賃上げ実現できない? 要因は日本企業の特徴にあり

    AERA

    6/10

    トランプ経済の賞味期限 どうしてあと2年なのか

    トランプ経済の賞味期限 どうしてあと2年なのか

    AERA

    2/23

  • 世界の高齢者の20人に1人が日本人 だからこそ「未来がある」その理由

    世界の高齢者の20人に1人が日本人 だからこそ「未来がある」その理由

    dot.

    9/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す