「頑張って息苦しくなるのはもうやめよう」韓国エッセイに学ぶ”ほどほど”の境地

人気ドラマ作家が語る「完璧」を捨てて見つけた幸せな日々

韓国エッセイ

2022/06/07 17:00

会社員兼作家、イラストレーター。ウェブドラマ「My Fuxxxxx Romance」の脚本や人気ドラマシリーズの小説版「恋愛プレイリスト」、コミックエッセイ「カカオフレンズ・オフィス」などを執筆。いつも心ときめく物語を創作したいと考え、いまこの瞬間も何かを書いている(アントイさん提供)
会社員兼作家、イラストレーター。ウェブドラマ「My Fuxxxxx Romance」の脚本や人気ドラマシリーズの小説版「恋愛プレイリスト」、コミックエッセイ「カカオフレンズ・オフィス」などを執筆。いつも心ときめく物語を創作したいと考え、いまこの瞬間も何かを書いている(アントイさん提供)

 映画にもなった『82年生まれ、キム・ジヨン』以降の韓国文学ブームに続き、いま、韓国エッセイがブームの兆しをみせている。

【写真】韓国語の文芸書やエッセー、児童書などが豊富に揃う韓国本専門店「チェッコリ」

 日本でも、「BTSのメンバーが読んだ」などのうたい文句とともに、翻訳出版が続く。5月23日には、韓国ウェブドラマの火付け役と言われる「恋愛プレイリスト」小説版の著者・アントイさんのイラストエッセイ『ほどほどに生きても、それなりに素敵な毎日だから なかなかな今日』が発売された。

 アイドルグループgugudanのハナさんが出演したことでも話題になった「My Fuxxxxx Romance」の脚本家としても知られるアントイさんは、「人生を欲張りに生きてきた」と話す。だが、今回のエッセイでは、「陰キャ」でも「陽キャ」でもない、その中間の「中(なか)キャ」として、「ほどほどの幸せを感じながら、なかなかな人生を作る」過程を描いた。

 彼女に変化をもたらしたものは何なのか。アントイさんにインタビューした。

*  *  *
――幼い頃から「完璧」に近づくために、人生を欲張りに生きてきたというアントイさんが「“ほどほど”の幸せがあればいい」という心境にいたったのはなぜですか。

 私は8年ほど会社員生活をしていました。「上司に認められたい」「ほかの同僚たちよりもかわいがられたい」という気持ちもあり、一生懸命に仕事をしました。でも、上司はそんな私の悪口を言っていた。その時、悟ったんです。「人に認められようと頑張ったところで、なんの意味もないのだ」と。必死になって生きる中で、多くのものを得ることができました。でも同時に、何を持っていても「完璧」にはなれないことも知りました。頑張って息苦しくなるのはもうやめよう。ほどほどの人生でも、そこそこ幸せなんじゃないか。そう思ったんです。私が29、30歳の時でした。

――そんなアントイさんのメッセージに、韓国で暮らす多くの人々が共感しています。どう感じていますか?

 私を含め、韓国の20、30代の若者は「三放世代(サムポセデ)」と呼ばれています。

NEXT

もっと幸せになるために

1 2 3

あわせて読みたい

  • 小島慶子「東日本大震災から10年経って思えた 言葉にならないものや傷を認めてもいい」#あれから私は
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「東日本大震災から10年経って思えた 言葉にならないものや傷を認めてもいい」#あれから私は

    AERA

    3/11

    小島慶子「メタバースは“新大陸”なのか 仮想空間で問われる社会の成熟度」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「メタバースは“新大陸”なのか 仮想空間で問われる社会の成熟度」

    AERA

    5/5

  • 「男でも女でもない」井手上漠が見つめる境界線の先の自由

    「男でも女でもない」井手上漠が見つめる境界線の先の自由

    AERA

    6/21

    必死に生きないと決めたらいろんなことが見えてきた! 韓国で話題のベストセラーエッセイ

    必死に生きないと決めたらいろんなことが見えてきた! 韓国で話題のベストセラーエッセイ

    BOOKSTAND

    4/16

  • 大坂なおみが開会式にサプライズ登場 104歳聖火ランナー箱石シツイさんが語る東京五輪 

    大坂なおみが開会式にサプライズ登場 104歳聖火ランナー箱石シツイさんが語る東京五輪 

    dot.

    7/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す